DTM/DAW VSTプラグイン

Native Instruments / New York Concert Grand

投稿日:2014年3月6日 更新日:

これまでピアノ音源はProToolsに付属のMini GrandやStudio One 2に付属のStudio Grandを使ってきましたが、初めてNative InstrumentsのNew York Concert GrandというVSTプラグインを買ってみました。というのも、昨年あたりからStudio One 2を使い始めたのですが、付属のStudio Grandはいまいち音が薄くて物足りなさを感じていたからです。そのため仕方なしにProToolsのMini Grandに頼らざるを得ないこともしばしばありました。

このシリーズにはNew York, Berlin, Wienna, Uprightと全部で4種類ありますが、一応New Yorkの評判が良さそうだったのでこれにしました。現代風の洗練されたピアノサウンドらしいです。本家Native Instrumentから買うと6,800円しますが、直輸入版を買ったので5,980円とちょっとだけ安く買えました。中身は日本語マニュアルも入っていますのでまったく問題はありません。

スポンサーリンク

早速インストールして使ってみました。サンプル容量は2.15GBありますので、たぶん全鍵サンプリングだと思いますが、サンプルも長く取ってあり、低音のうねりもよく表現されています。

肝心の音質ですが、期待が強すぎたのか、思ったほど良いとは感じませんでした(笑)。確かにStudio Grandよりは音の厚みがあると思いますが、劇的に違うというほどではないですね。ただ高音域のきらびやかさは自然できれいですし、低音域の重厚さも十分です。それに比べて中音域はやや物足りない印象を受けます。もう少しきらめきみたいなものが欲しいところですが、この値段では仕方ないのでしょうか・・

一つ気になったのは、デフォルトの設定ではかなり強く弾かないとこもった音になってしまうということです。ベロシティーカーブの変更はできますので、+1か+2くらいにしてちょうどだと思います。既存のデータを流用する場合はこの辺の調整は不可欠かと思います。

それでは聴き比べサンプルとして、以前作ったベートーヴェンの「月光」をお聴き下さい。どちらもまったく同じMIDIデータを演奏しています。もともとStudio Grandで作ったので、本来ならベロシティーやノートレングスの調整も必要になると思いますが、そこまではやってません。


New York Concert Grandで演奏


Studio Grandで演奏

どうでしょうか? 好みもあると思いますが、個人的にはNew York Concert Grandの方が少し良いと思っています。Mini Grandと比べるとちょっと微妙ですが、まあこの手の音源としては値段も安いので、付属音源に物足りなさを感じている方は揃えてみてもいいんではないでしょうか。RTASにも対応していますので、ProTools 10以前をお持ちの方にもおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1
CDからボーカルを除去・抽出・移調するソフト/ボーカルキャンセラー2

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2
ケーナを吹こう

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3
ダイアトニックコード早見表

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

4
ARIA A-35CE(エレガットギター)を買いました

これまでスチール弦のアコースティックギターは持っていたのですが、結局自分が弾きたいのはソロなんだということに気づき、アコギを売り払っていわゆるクラシックギター、正確に言うとナイロン弦ギターに買い換えま ...

-DTM/DAW, VSTプラグイン

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.