ソフトウェアライブラリ ボーカルキャンセラー2

【ボーカルキャンセラー2】帯域除去・帯域抽出機能を追加

投稿日:2014年4月13日 更新日:

もうあまりやることがなくなってきましたが(^^;、ちょっとした新機能として、設定した周波数帯域を除去したり抽出する機能を追加しました。これらは一般的にバンドリジェクトフィルター(BRF)やバンドパスフィルター(BPF)と呼ばれているものと同じですが、ボーカルカットで用いているFFTを利用して通常より精度の高い処理を可能にしました。

スポンサーリンク

一般的なBRFやBPFでは設定した周波数帯域だけを「正確に」除去したり抽出できるわけではなく、その前後に一定の幅があってアナログ的に減衰量が変化していきます。これに対してFFTを用いる方法では設定した周波数帯域だけをスパッと切り取ることができます。つまり周波数特性がデジタル的に変化するということです。これはボーカルカットの副産物でした。

この機能の応用例としては、低音域だけを取り出してベースラインの研究をしたり、中音域だけを取り出して特定の楽器の音を聴き取りやすくするなどの使い方が考えられます。

使用方法としては、処理モードから「帯域除去」または「帯域抽出」を選んでいただき、下限周波数・上限周波数で設定した周波数がその境界となります。この機能に合わせて周波数の設定範囲も少し変更しました。帯域除去では下限周波数と上限周波数の間を完全にカットし、帯域抽出では下限周波数と上限周波数の間だけを取り出します。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1
CDからボーカルを除去・抽出・移調するソフト/ボーカルキャンセラー2

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2
ケーナを吹こう

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3
ダイアトニックコード早見表

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

4
ARIA A-35CE(エレガットギター)を買いました

これまでスチール弦のアコースティックギターは持っていたのですが、結局自分が弾きたいのはソロなんだということに気づき、アコギを売り払っていわゆるクラシックギター、正確に言うとナイロン弦ギターに買い換えま ...

-ソフトウェアライブラリ, ボーカルキャンセラー2

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.