スペクトラムアナライザー ソフトウェアライブラリ

スペクトラムアナライザーの概要

投稿日:2012年11月27日 更新日:

『スペクトラムアナライザー』のスクリーンショット
スクリーンショット

『スペクトラムアナライザー』はWAVファイルを再生しながらリアルタイムでスペクトル(周波数分布)を表示するソフトです。現在のところ、外部入力には対応していません。

ありふれたソフトで機能も少ないですが、とりあえずリアルタイム処理技術を開発するために作りました。実用性はあまりないと思いますが、技術サンプルとして考えていただければ幸いです。

一応、独自の特徴としては、次のような機能を備えています。

  • スペクトルから音高を推定し、鍵盤上に表示します。
  • ファイル全体の積算スペクトルを計算することができます。
  • グラフをPNG画像として出力することが可能です。
  • スペクトルデータをCSV形式で出力することが可能です。

スポンサーリンク

ソフト種別

フリーソフト

主な機能

  • WAVファイルを再生しながらリアルタイムでスペクトルを表示
  • 音高推定
  • 積算スペクトル計算
  • グラフおよびデータの保存が可能

動作環境

Windows 2000/XP/Vista

Windows7でも動くと思いますが、未確認です。
Windows 9x系では(たぶん)動きません。

その他、DirectX 9.0以上がインストールされている必要があります。WindowsXP SP2以上には標準でインストールされていますが、Windows2000ではバージョンが古い可能性があります。その場合はMicrosoftのサイトからダウンロードしてインストールして下さい。

インストール

ダウンロードしたアーカイブを適当なフォルダに解凍してください。実行ファイルは"SpectrumAnalyzer.exe"です。必要に応じてショートカットを作成して下さい。

アンインストール

レジストリは使用しませんので、インストールしたフォルダを削除するだけでOKです。

ダウンロード

最新バージョン  Version 1.01 (2010.11.2)

SpectrumAnalyzer_v101.zip

サポート

本アプリケーションへのバグ報告やご質問・ご要望はこの記事へのコメントでお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-スペクトラムアナライザー, ソフトウェアライブラリ

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.