ゼロからつくる作曲講座 作曲・音楽理論

コード進行からメロディーを作る(その1)

投稿日:2012年11月22日 更新日:

ここまでの解説で一通りコード進行が作れるようになったところで、いよいよコード進行からメロディーを生み出す方法に移っていきます。ここでは初心者が陥りやすい「童謡みたいになってしまった」という失敗をどうやって直していくのかを例にとって具体的に説明していきます。

スポンサーリンク

なぜ童謡になってしまうのか?

作曲を始める動機は人それぞれですが、「泣かせるバラードを作ってやるぞ!」とか意気込んで作曲を始めたものの、出来上がった曲を聴いてみると幼稚園のお遊戯の時間に流れているような「童謡」になってしまったという笑えない失敗が誰にも一度や二度はあるものです。それが続くと「自分には才能がない」と嘆いて作曲そのものをあきらめてしまう最大の原因になります。

実は童謡みたいになってしまうのにはちゃんとした理由があって、音楽理論の知識がまったくなしに思いつくままにメロディーを作っていくと誰しも多かれ少なかれそうなってしまうのです(よほどの天才を除いて)。

ではその原因を探るために「わざと」童謡っぽく作ってみましょう。まず前章で説明した原理にしたがってコード進行を組み立ててみます。最初はコードの機能別に並べるだけでしたね。ここでは8小節の曲を仮定し、次のように並べてみました。

T→SD→D→T→SD→T→D→T

キーをCメジャーとし、主要三和音だけを使うことにすると次のようなコード進行が出来上がります。

C→F→G7→C→F→C→G7→C

ここからメロディーを作っていくわけですが、一番簡単なのはコードの構成音だけを使ってメロディーを作ることです。コードの構成音に含まれる音を内音、含まれない音を外音と呼びます。内音はコードの構成音ですから、完全にコードの響きと協和します。ですから内音だけでメロディーを作ると確実にコードに溶け込んでくれるわけです。ここではコードの内音だけを使って適当にメロディーを作ってみました。

内音だけで作ったメロディー

できればコードを弾きながらメロディーを弾いてみて下さい。いかにも童謡っぽいメロディーですね。ここではわざとそうしたわけですが、童謡っぽく聞こえるメロディーにはいくつかの法則があります。

  1. コード進行が主要三和音だけでできている
  2. コードの内音だけを使ってメロディーを作っている
  3. リズムが単純すぎる

上に挙げた3点が「幼稚」に聞こえるメロディーの三大法則だと思います。実際、童謡というのはほぼこの法則に当てはまっています。そして童謡を作るつもりがなくても、音楽理論を知らずに思いつきだけでメロディーを作っていくと、この法則に見事に当てはまってしまうのです。それはなぜかと言いますと、主要三和音というのはそれだけで完結しているので、転調をしない限り、どんなメロディーであってもすべて主要三和音のいずれかに当てはまるからです。つまり無意識のうちに主要三和音に当てはまるようなメロディーを作らされてしまうということですね。ちなみに本当の意味で童謡を作るのはかえって難しいと思います。なぜなら子供を喜ばせるためには子供の気持ちになって作曲しなければならないからです。

なぜ童謡っぽくなるのかがわかったところで、次章以降では、いま作ったメロディーをベースにして、少しずつ改良を加えていくことを考えます。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1
CDからボーカルを除去・抽出・移調するソフト/ボーカルキャンセラー2

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2
ケーナを吹こう

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3
ダイアトニックコード早見表

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

4
ARIA A-35CE(エレガットギター)を買いました

これまでスチール弦のアコースティックギターは持っていたのですが、結局自分が弾きたいのはソロなんだということに気づき、アコギを売り払っていわゆるクラシックギター、正確に言うとナイロン弦ギターに買い換えま ...

-ゼロからつくる作曲講座, 作曲・音楽理論

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.