ピアノ 楽器

2018年版・電子ピアノの選び方

更新日:

ピアノという楽器は考えてみるとちょっと特殊ですね。ピアノが趣味だと言っても、本物のピアノ(アコースティックピアノ)を持っている人はそんなに多くないのではと思います。むしろ電子ピアノ(デジタルピアノ)を使っている人の割合の方が高いのではないでしょうか? 実は僕も電子ピアノしか弾いたことがありません。

たとえばギターとかオカリナを始めるのであれば、本物の楽器を買うのは当たり前です。もちろんピンからキリまでありますが、そんなに高いものではないし、場所も取りませんから気軽に買うことができます。しかしピアノはそうは行きません。アップライトピアノでも50万円以上、グランドピアノになると最低100万円以上はします。子供さんであれば将来のために買い与えられることもあるのでしょうけど、大人が趣味で始めるのにいきなり本物のピアノを買うのはハードルが高すぎます。

仮に中古で安く買えたとしても問題は置き場所です。ピアノは重量物なので一軒家でも床の補強工事をしないといけません。ましてや賃貸では到底無理です。たとえ置けたとしても都会の住宅事情では大きな音で弾くことはできません。防音室を作るか、人里離れた山奥に住むしかないのです。ピアノを持つには価格・置き場所・騒音という三つの大きなハードルを乗り越えなければなりません。

もちろんアコースティックピアノと電子ピアノは全然違います。よくコンサートに行くことがありますが、本物のグランドピアノは和音を弾いたときの透明感とか音の伸びとか全然違うと思いますね。しょせん電子ピアノは模倣でしかなく、本物には到底敵いません。ですから将来プロの演奏家を目指すならばグランドピアノを持たなければならないという人はいますし、否定はしません。

僕も子供の頃エレクトーンを習っていたときにピアノで練習させられたことがありますが、それ以来本物のピアノにはほとんど触ったことがありません。いつも電子ピアノで弾いていますから、これで本当にピアノが弾けると言えるのだろうか?と疑問に思うこともあります。でも現実問題として、ピアノを家に置けるほど恵まれた人はそうそういないと思います。ましてや続くかどうかわからない趣味のためにいきなり買えるような代物ではないでしょう。

そこで代替手段として電子ピアノを使うことになります。本物には到底敵いませんからあくまでも代替でしかないのですが、最近の電子ピアノはずいぶん進化しているので、タッチも音もかなり本物に近づいてきています。そこそこ良いものを買えば、本物のピアノを弾いたときにもそれほど違和感はありません。また電子ピアノならではのメリットもありますから、必ずしも悪い面ばかりではありません。電子ピアノを弾いてると変な癖が付くから絶対ダメだという否定的な人もいますが、僕は練習の手段としては十分ありだと思っています。騒音を気にして弾かないよりはたくさん弾いた方が良いに決まってますから。もし本物が弾きたくなったらレンタルスタジオを借りるなどすれば良いのです。電子ピアノがピアノ趣味人口の増加に貢献したことは間違いありません。

というわけで、ちょっとピアノを始めてみたいくらいの人には電子ピアノは強い味方になると思います。何を買ったらいいのか迷っている人のために電子ピアノ選びのポイントと、僕が楽器店で試奏した感想をもとに、2018年の時点でおすすめの機種について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

電子ピアノのメリット

音質もタッチも本物には敵わないのが電子ピアノですが、練習用と割り切れば電子ピアノならではのメリットもたくさんあります。むしろ音質とタッチ以外は全てがメリットであるとも言えます。

夜中でも弾ける

ヘッドホンでも練習できるのは最大のメリットと言えるでしょう。社会人の場合はどうしても夜しか時間が取れませんので、これは大きな武器になります。本物のピアノを持っている人でも、夜は電子ピアノを使って練習時間を確保する人もいるくらいです。

調律がいらない

当たり前ですが、電子ピアノは調律の必要が一切ありません。アコースティックピアノは温度や湿度によって調律が変わってしまうため、定期的に専門家に依頼して調律しなければなりません。そのための費用も馬鹿になりません。ずれた調律で弾いていると上達の妨げにもなります。

いろいろな音色が楽しめる

普通の電子ピアノには、ピアノの音色だけでなく、エレピやオルガンなど数十種類の音色が内蔵されています。たまには気分を変えて別の音色で弾いてみるのも楽しいでしょう。またリバーブなどのエフェクトも内蔵されていますので、ホールで弾いているような気分を味わうこともできます。

練習に便利な機能がある

リズムの練習に欠かせないメトロノームは必ず内蔵されていますし、機種によっては演奏の録音・再生ができるものもあります。こういうものを最大限活用すれば効率的に練習できて上達も早まるでしょう。

移調ができる

ほとんどの電子ピアノにはトランスポーズと言って、音のキーを変える機能が内蔵されています。他の楽器と合わせるにはピアノの方が移調する必要がありますが、キーが変わるとまた練習し直さなければなりません。でもトランスポーズ機能を使えば普段練習しているキーのままで他の楽器と合奏することができます。

録音が簡単

ちょっと弾けるようになったら演奏動画を撮ってYouTubeなどにアップしたいと思うこともあるでしょう。でもアコースティックピアノだとマイクを立てて録音しなければなりませんが、これはかなり難しく、良い音で録るには専門的な技術が要求されます。その点、電子ピアノだとライン出力から直接録音することができますので音質の劣化がなく、誰にでも簡単に録音できます。

安いキーボードを買ってはダメ!

ピアノを始めたいという人がよくやりがちなミスは、自動伴奏機能の付いたいわゆるポータブルキーボードを買ってしまうことです。安いものだと1万円台で売っています。すぐ飽きるかもしれないから安いのにしておこうとつい手を出したくなる気持ちはわかりますが、こういうのは絶対に買ってはいけません。

まず鍵盤の数が61鍵しかないのが普通なので、これでは弾ける曲が半分くらいに減ってしまいます。僕も昔は61鍵のシンセで練習していた時代がありましたが、鍵盤が足りない場合は諦めるか、オクターブずらして編曲するしかありません。それは76鍵でも同じでした。特にクラシックは広い音域を使うので、88鍵は絶対に必要です。技量が足りなくて弾けないのは仕方ありませんが、物理的に弾けないのは悔しいものです。

もう一つは、鍵盤のタッチが軽すぎてピアノとは全く違うことです。特に安いキーボードはタッチがグニャグニャでお話になりません。本物のピアノはタッチがかなり重いです。しかも鍵盤から離したときに反動で戻ってくる独特の動きをします。キーボードはピアノとは似て非なるものですので、あんなもので練習してもピアノの練習にはなりません。

初めにこういうものを買ってしまうとすぐに電子ピアノが欲しくなるに決まってますので、結局は無駄な出費となります。

ポータブル型と据置型

電子ピアノには大きく分けて二つのタイプがあり、ポータブル型と据置型があります。ポータブル型は鍵盤とスタンドが分離したもので、簡単に持ち運びできることが特徴です。通常はスタンドが別売となります。一方、据置型は鍵盤とスタンドが一体化したもので、大型のスピーカーとペダルを内蔵していることが特徴です。

ポータブル型の長所と短所

長所としては、まず比較的コンパクトなので場所を取らないということです。スタンドと分離できるので、万一弾かなくなったときも立てかけてしまっておくことができます。部屋間の移動も一人で可能です。また比較的軽量なのでライブなどで外へ持ち出すことも可能です。もしライブで使う可能性があるならば選択の余地があるでしょう。ただし軽いとは言っても15kg以上はありますので、車がないと運ぶのは困難です。

短所としては、スタンドが華奢なためどうしても不安定になるということです。激しく弾くと揺れたりします。また本体内にスピーカーが内蔵されているため、あまり大きなものを搭載することはできず、据置型に比べるとどうしても音量・音質ともに劣ることが多いです。

据置型の長所と短所

長所は土台がしっかりしているのでポータブル型に比べて安定しているということです。鍵盤カバーも付いていますし、ペダルが本体に固定されているので安定感があります。最近のものは奥行きもスリムになっており、いったん設置してしまえばポータブル型とそんなに変わりません。また比較的大型のスピーカーを搭載できるため、ポータブル型に比べて音量や音質の面で優れています。

短所はいったん設置すると移動が簡単にできないということです。重量は軽いものでも35kgくらい、重量級になると80kgを超えますので、大人2人がかり、場合によっては3人がかりでないと動かせないでしょう。またポータブル型に比べて比較的高価であることもハードルが高いと言えるでしょう。

何をおいてもまずタッチ!

電子ピアノで一番大事なもの、それは「タッチ」です。これは声を大にして言います。いくら音質が良くてもタッチが悪ければそんなものは買うに値しません。電子ピアノはアコースティックピアノの代替だということを考えればこれは自明でしょう。タッチが本物に近くないとピアノの練習にはならないからです。

こればっかりは楽器店で試奏してみないとわからないので、自分で触って納得することをおすすめします。ただ経験的に言いますと、20万円以上のクラスになればどのメーカーでもそんなに悪いものはありません。しかし10万円以下のクラスではメーカーによってかなりバラツキがあります。タッチは人によって好みも分かれるので、自分のフィーリングに合ったものを選ぶしかありません。

なおタッチの強弱を変えられるものがありますが、これはあくまでも弾いたときの音の反応が変わるだけで、鍵盤そのものの重さが変わるわけではありませんので注意が必要です。

音質は二の次でいい

音質が良いに越したことはありませんが、タッチと音質の両方が気に入ることはなかなかありません。音質は気に入ったんだけど、タッチがいまいちと感じる場合は、迷わずタッチの気に入った方を選びましょう。

なぜかと言いますと、タッチは変えられないけど音質は後からどうにでもなるからです。特にポータブル型の場合、スピーカーは貧弱なものが多いので本体の音はあまり良くありません。しかしヘッドホンで聴いたり、外部のスピーカーを接続すると見違えるように良くなることもあります。また最近のソフトウェア音源はものすごく進化していますので、ほとんどの電子ピアノに付いているMIDI出力端子からPCに接続してやると超リアルな音質で演奏することも可能です。

今どきの電子ピアノであればどのメーカーも一定の水準は満たしていますから、機種によってそれほど大きな違いはありません。ですから音質についてはそれほど気にする必要はないと言えます。

メーカーごとの特徴

現在、国内ではヤマハ・カワイ・コルグ・ローランド・カシオが電子ピアノを販売しています。メーカーによってタッチの癖のようなものがありますので、自分が試奏した感想を述べてみたいと思います。

ヤマハ

さすが楽器のトップメーカーだけあって据置型からポータブル型までラインナップは充実しています。概ね20万円以上のクラスがClavinova、10万円クラスがARIUS、ポータブル型はPシリーズというラインナップになっています。特徴としては、ポータブル型も含めてGHS鍵盤のタッチが非常に良いです。Clavinovaの高級機になると木製鍵盤を使用し、跳ね返るときの感触もかなり本物に近いものがあります。

カワイ

ピアノの老舗メーカーだけあって、据置型がメインのラインナップになっています。木製鍵盤を使用するなど独自のこだわりがあり、やや重めのタッチは本物にかなり近いものがあります。本物の質感を求めるなら有力な選択肢だと思いますが、価格的には20万円以上になるので予算と相談です。

コルグ

電子楽器専門のメーカーで、据置型からポータブル型まで幅広くラインナップしています。比較的リーズナブルな価格でコンパクトなモデルが多いことも特徴です。独自のRH3鍵盤はやや重めのタッチですが、とても弾きやすくできています。また他社に比べて音色数が多いことも特徴で、通常は30種類の音色が搭載されています。ピアノ以外の音色もなかなかリアルで良質です。

ローランド

電子楽器の老舗メーカーで、グランドタイプからポータブル型まで幅広くラインナップしています。価格的にはやや高めというところでしょうか。特筆すべきは鍵盤の良さです。10万円未満のクラスでも鍵盤には滑り止め加工がされており、触った感触がとても良いです。タッチは重すぎず軽すぎず、とても弾きやすいと思いますね。個人的に10万円未満のクラスでは最高の鍵盤だと思います。

カシオ

言わずと知れた家電系メーカーですが、古くから電子ピアノも出しています。概ねリーズナブルな価格帯が多いですが、30万円を超えるCELVIANO Grand Hybridシリーズもあります。ポータブル型にはとても軽量なモデルがあります。昔はあまりタッチが良くない印象がありましたが、最近のものはずいぶん良くなっていて、CELVIANOシリーズであれば他社と遜色ないと言えるでしょう。ただポータブル型のPriviaシリーズになるとタッチが固いかな?という気がします。固いというのは重いという意味ではなく、鍵盤を押し込んだときに指にコツンと当たる衝撃が来るのです。これは長時間弾いていると疲れそうな気がします。

余計な機能はない方がいい

電子ピアノと言っても5万円前後から20万円以上するものまで価格帯にはかなり幅があります。安いものと高いものはどこが違うのかと言うと、まずは鍵盤の作りです。高級なものになるほどハンマーアクションが凝った作りになっており、木製鍵盤を使用するなど本物志向の作りになっています。こればっかりはお金を出しただけのことはあるでしょう。

ただそれ以外のピアノとしての基本的な部分はそれほど大きな違いはありません。音源もデジタルですからほぼ同じモジュールを採用しており、素人が聴いてハッキリわかるほどの差はありません。違いは主に付加価値の部分で、高級なものになると自動伴奏機能が付いていたり、譜面表示ができて練習をサポートしてくれるものもあります。しかしそういうものはピアノを弾くのに本質的ではありません。その機能が絶対必要であれば別ですが、どうでもいい機能に高いお金を払う必要はないのです。録音機能だってレコーダーを使えばいいだけのことですから、必須とは言えません。強いて言えばメトロノームはあった方がいいですが、すべての機種に標準装備されているはずです。電子ピアノはしょせん代用なんですからいくら頑張っても本物には敵わないわけで、あまり高級なものを求めても仕方ないというのが僕の意見です。

現時点でのおすすめ機種は?

初めに言いましたように、今どきの電子ピアノは20万円以上出せばかなり良いものが買えます。どこのメーカーを選んでもそんなに大きな差はないですから、試奏してみて気に入ったのを買えばいいだけのことです。でもそこまではお金をかけられないという人も多いでしょうから、ここでは10万円以下で買えるものに絞って独断と偏見で僕のおすすめを紹介したいと思います。

なお価格についてはAmazon調べですので、楽器店で買うともう少し高い可能性があり、運送・設置費用が別にかかることもあります。

KORG G1 Air/約10万円

もし据置型が気にならなくて10万円出しても良いというなら、僕のイチオシはこれです。次に自分が買い換えるとしたらこれだなと思ってます(笑)。最大の特徴は音が良いこと。ドイツ・オーストリア・日本の3種類のピアノがサンプリングされており、曲調に応じて弾き分ける楽しみがあります。通常、複数のピアノ音色があってもサンプルは1種類のことが多いですが、これは別々にサンプリングされたものなので本物です。特にドイツ系ピアノはリッチな響きが非常に良いです。筐体はしっかりしていますが奥行きが比較的コンパクトに仕上がっており、高級感もたっぷりです。鍵盤は定評のあるRH3鍵盤なので弾き心地も良好です。

Roland F-140R/約10万8千円

10万円をちょっと超えてしまいますが、タッチの良さはダントツだと思います。音源的には普通ですが、とにかくタッチにこだわりたいならKORG G1 Airよりもおすすめです。据置型にしては比較的軽量で奥行きもスリムに仕上がっています。

KORG LP-380/約5万円

コルグの据置型エントリーモデルですが、そろそろモデルチェンジの時期にあるため非常にお買い得な値段になっています。コストパフォーマンスで選ぶならイチオシの機種です。鍵盤は上位機種と共通のRH3鍵盤を採用していますし、音色数が30もあって機能的にも不足はありません。スタイリッシュな外観で奥行きがスリムであり、カラーバリエーションが豊富なのも特徴です。買うなら急いだ方が良いと言えます。

Roland FP-30/約7万3千円

ローランドの電子ピアノの中では最も安価なポータブル型ですが、鍵盤に手抜きはなく、上位機種譲りの良好なタッチが味わえます。機能的にはシンプルながら、スタンダードMIDIファイルへの録音にも対応しています。14.1kgと比較的軽量なので、ライブなどで外へ持ち出すにも向いています。ポータブル型でタッチが良いものを求めている方にはおすすめできます。

YAMAHA P-115/約4万1千円

ヤマハのポータブル型で定番のモデルです。11.8kgと軽量なため、外へ持ち出すのに向いています。鍵盤はヤマハ自慢のGHS鍵盤を採用しているので上位機種に劣らないタッチが得られ、音質も含めて非常にバランスの良い機種だと思います。低価格な製品ですが、ヤマハらしい手堅さが感じられるので、とにかく無難なものが欲しい方にはおすすめです。

KORG SP-280/約4万8千円

KORGのポータブル型で最も安価なモデルですが、スタンドとペダルが初めから付いているのでお買い得感があります。鍵盤はGH3ではなくNH鍵盤なので上位機種よりやや落ちますが、悪くはありません。とにかくコストを重視する方にはおすすめです。

試奏のポイント

音質はYouTubeのレビューなどである程度評価することも可能ですが、タッチだけは自分で触ってみないことにはわかりません。ですからできるだけ楽器店に行って試奏されることをおすすめします。

ただ地方だと楽器店にも一部のメーカーしか置いていなかったり、目当ての機種がない場合もあります。その場合は同じメーカーの機種を弾いてみればだいたいわかります。鍵盤はメーカーごとに共通のユニットを使用していることが多いので、メーカーが同じならばだいたい似たような傾向があるからです。

試奏するときは、曲が弾ける人はいいですが、何も弾けない人は単音だけでなく和音も弾いてみることをおすすめします。単音と和音では聞こえ方も違うからです。コードがよくわからない人は「ドミソ」だけでも覚えておきましょう。また低音と高音では音質が変わる場合もあるので、必ず両端まで弾いてしっかり聴き比べましょう。

本物のグランドピアノは低音ほどタッチが重く、高音は軽くなるようにできています。高級な鍵盤ならそこまで再現されていますのでチェックしておきましょう。タッチは押さえるときだけでなく、戻るときの挙動も非常に重要です。バネの力で一瞬で戻ってしまうようなものはダメで、指に吸い付いてくるような感じでフワッと戻るのが理想的です。

電子ピアノ選びは慎重に

電子ピアノというものは大型商品ですから、一度買ってしまうと買い換えが大変です。何台も電子ピアノを置くことはできませんから、もし失敗したと思ったら前のを処分して買い直さなければなりません。これは金銭的なことよりも処分の手間が大変です。

ポータブル型なら車があれば自分でリサイクル店に持ち込むことも何とか可能ですが、据置型だと業者を呼んで引き取ってもらわなければなりません。買い換えはとにかく面倒なことになりますので、最初の電子ピアノは失敗のないように慎重に選びたいものです。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-ピアノ, 楽器

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.