ギター 楽器

通販でギターを買うことの是非

投稿日:

これまで何本かギターを買いましたが、楽器店で買ったのは2本だけでした。あとはすべて通販です。地方に住んでいるとどうしても通販に頼らざるを得ない事情があります。これまでの経験をもとに、ギターを通販で買うことについて、初心者向きにメリットとデメリットをまとめてみました。

スポンサーリンク

ギターという商品の特殊性

ギターに限らず楽器全般に言えることだと思いますが、他の商品とは明らかに異なる特徴があります。とりわけギターの場合は木でできているためそれが非常に顕著です。

まずギターというのは楽器ですから、言うまでもなく音が第一です。しかし音というのは実際に弾いてみなければわかりません。今はYouTubeでレビューを見られる場合もありますが、あくまでもマイクを通した音ですから実際の音とは異なります。録音環境によっても音は大きく変わってしまいます。参考程度にするのは良いですが、あまりにも信じ切ってしまうと期待はずれだったとがっかりすることにもなりかねません。

最近は通販サイトなどでユーザーレビューを見られることが多いので、そういうものを参考にするのも一つの手ではあります。しかし一般的に評価が高いからといって、それが自分にとって良いギターだとは限りません。音は好みの問題ですから、一般的に良いと言われていても自分の求める音と違っていては意味がないのです。

また弾き心地などは実際に弾いてみなければ絶対にわかりません。こればっかりは動画では伝えようがありません。弾き心地も手の大きさや技量によって個人差がありますから、人の話はあてにならないのです。

もう一つギターに特有の問題があって、それは個体差です。ここが一般的な工業製品とは大きく異なるところです。ギターというのは天然の木でできていますから、当然一本一本木目が異なります。まったく同じギターは2本として存在しません。また量産品であってもほとんどが手作業で作られているため、組み立ての精度も厳密に言えば一本一本違います。したがって「当たり」もあれば「ハズレ」もあります。中には不良品に近いようなものが出荷されてしまうこともあります。20万円以上する高級ギターなら厳しい検査をパスしたものだけが出荷されるのでそういうことはないでしょうが、数万円程度の安いギターだと「これ不良品じゃないの?」ということは普通にあります。検査を厳しくするとそれだけコストに跳ね返ってきますから、少々の不具合があっても商品として出荷されてしまうことはある程度やむを得ないことなのです。

楽器店で試奏して買うのが一番だが・・

以上述べたように、ギターという商品は楽器という特性上、実際に弾いてみなければ気に入るかどうかわからないものであり、しかも個体差がありますから、楽器店で手にとって自分の目と耳で確かめることが何よりも良い方法です。通販がこれだけ発達した現在、楽器店が存在する最大の理由はそこにあると言えるでしょう。

しかしここには大きな問題があって、選り取り見取りで選べるのは大都市に限られるということです。僕も以前、東京の御茶ノ水に行ったことがありますが、本当に数軒おきくらいに楽器屋さんが並んでいて、こういう環境なら確かに何軒もハシゴして自分の気に入ったギターを心ゆくまで選べるだろうなと思いました。もしそういうところに住んでいるのなら迷わずそうすべきです。

しかし地方ではそういうわけに行かないのです。楽器店はあるにはありますが、そんなに大規模な店舗があるわけでなく、ギターの在庫もせいぜい数十本くらいしかありません。それも売れ筋のギターしか置いていないのが普通です。ですから楽器店に行ってもお目当てのギターが置いてあることはほとんどないのです。店頭にあるわずかな商品の中から選ぶしかありません。もちろん取り寄せてもらうことは可能でしょうが、そうすると買わざるを得なくなりそうなのでよほど欲しくなければできません。

したがって地方では楽器店でギターを購入するということはしたくてもできない側面があり、どうしても通販に頼らざるを得ない事情があります。

通販のメリット

欲しいギターが買える

楽器店では店頭にあるギターから選ぶことしかできませんが、通販ならネット中を検索して欲しいギターを見つけることができます。相当レアなギターであっても数ヶ月根気よく探せばたいてい見つかるでしょう。これは地方に住む者にとって何物にも代えがたい魅力です。

楽器店より安い

通販の場合、在庫のコストや人件費が抑えられるため、楽器店で買うより安いのが普通です。楽器店なら税抜で定価の2割引きが限度ですが、そこからさらに消費税がかかります。通販だと税込で2割引き程度になっていることが多いです。さらにセール品だと3~4割引、場合によっては半額以下ということもあります。そういうのはたいてい少々キズがある程度のアウトレット品ですが、別に音に関係がなければ狙い目だと思います。どうせ弾いてれば必ずキズは付くものですから・・

通販のデメリット

現物を見られない

これは通販にとって当たり前ですが、ギターの場合は弾いてみなければわからないことが多いので特に深刻です。見た目も写真と現物では印象が違うことはよくあります。質感はやはり手に取ってみなければわからないですね。特に木目はどんなものが来るかわからないので、選べないところが最大の欠点だと言えます。

破損のリスク

ギターというのは木製品ですから、丁寧に扱わないと簡単に壊れます。日本の運送会社で今どきそんなことがあるのかと疑問に思われるかもしれませんが、僕は実際に破損事故に遭ったことがあります。届いたときに外箱が潰れていたのでドライバーからその場で確認してくれと言われ中身を開けたら、サイドの板が割れてました。もちろんソフトケースに入っていたのですが、よほど高いところから落としたか車で踏んだかでしょうね。特にS川急便は荷物の扱いが荒いです。

こんなことが本当にあるとは思いませんでしたが、もちろんS川急便の責任で持ち帰り代品交換となりましたが、ギターの場合1点限りということが多いですから、そうすぐには手に入らないのです。結局1ヶ月待たされました。1ヶ月で済んだらまだ良い方ですが、レアなギターは下手をすると二度と手に入らない可能性もあります。一応そういうリスクがあるものと思って下さい。

不具合の可能性

初めにも述べましたが、安いギターというのは個体差が大きいため、初めからキズがあったり不良品と思われるものが来ることもあります。その場合、返品あるいは交換に応じてくれるかは店によって対応が異なります。

これもちゃんとした楽器店であれば店側で必ず検品をして、明らかに不具合のあるものはアウトレット品として廉価販売されるはずなのですが、楽器とは直接関係のない売るだけの店だとノーチェックで来るのが普通です。そういう場合、不良品が来てしまう可能性があり得ます。

もちろん明らかに不良品の場合は交換に応じてもらえますが、小さなキズ程度は対応が分かれるでしょうね。安いギターですからそんなのは当たり前ですよと言われてしまうかもしれません。キズの有無はリセールバリューに効いてきますから、そう言われてしまうと泣き寝入りするしかありません。返品に伴う手間も大変なものですから、できればそういうことのないようにしたいものです。

通販でギターを買うときに気をつけること

できれば楽器店から買うのが良い

上に述べましたが、楽器店ではない売るだけの店だとろくに検品せずに送ってくることが普通なので、どんなものが来るかわかりません。その点、楽器店ならば専門のスタッフが検品して送ってくるので、変なものが来る可能性は低くなります。

もちろん楽器店もピンからキリまでありますから、信頼できる楽器店を選ぶことは大切です。単に名前が通っているかどうかではなく、もしホームページがあればちゃんとチェックしておきましょう。地方の小規模店でも店主が根っからのギター好きで弦高調整までしっかりやって送ってくれるところもあります。ギターというのは買ったままでは弾きやすいとは限らないので、必ず再調整は必要です。そこまでやってくれる店なら変なものが来る可能性はまずないでしょう。

交換や返品の条件をあらかじめ確かめておく

ギターの場合、基本的に手工品ですから個体差があるのは普通のことで、届いたギターが必ずしも思った通りだとは限りません。そういう場合、どこまでが返品交換の対象になるのかはあらかじめ確認しておいた方が良いでしょう。

まず木目は一本一本違いますから、気に入らないからと言ってこれは交換の対象にはなりません。たいていの場合、商品ページに但し書きがあるはずです。こればっかりは運としか言いようがありません。

ブリッジの浮きなど明らかな不具合は当然交換対象になりますが、ネックの反り、弦のビビリ、塗装ムラなどはどこまで不具合とみなすかは店によって対応が違うでしょうね。そのくらい自分で調整して下さいと言われることもありそうですね。

一番難しいのはキズでしょうね。特にグロス仕上げの場合、光にかざさないと見えないような小キズがあることはよくあります。そういうのを交換の対象にしてくれるかはかなり微妙だと思います。やはり事前に確認しておくのが一番でしょう。ただ、安いギターだと交換してもさらに悪くなる可能性もありますから、個人的な意見としては少々のキズは目をつぶった方が良いのではと思います。交換の手間も大変ですからね。もちろん大きな打痕があるような場合は写真でも撮って交換の交渉をしたら良いと思います。

Amazonの良し悪し

通販と言えば最大手のAmazonは外せません。Amazonと言っても一般の楽器店が売っているマーケットプレイスとAmazon自身が販売する場合がありますが、ここではAmazon直販の話です。

Amazonというのは基本的に売るだけの店ですから、楽器店のように検品はしていないと思われます。僕もAmazonでギターを買ったことがありますが、弦に保護用の紙が巻かれた状態で届いたため、一度も開封していないと思われます。楽器店だと普通そういうことはないはずです。明らかに倉庫あるいはメーカーから直接発送していると思われるため、どんな物が来るかは届いてみるまでわかりません。これがAmazonの最大のリスクと言えるでしょう。

ただAmazonには良い点もあります。それは理由の如何にかかわらず30日間は返品可能だということです。不具合がある場合は当然ですが、万一気に入らなかったとしても返品が可能です。これは普通の楽器店ではできません。ギターの場合、弾いてみないとわからないことが多いので、これは大きなメリットといえるでしょう。自己都合による返品は未開封・未使用が原則となりますが、ギターの場合は試奏するのは当然なのでそのくらいはOKでしょう。もちろん箱や付属品は全部残しておかなければなりません。ただし返品にかかる送料は自己負担になり、ギターは3000円くらいかかってしまいますので、最後の手段くらいに考えておいた方が良いでしょう。

中古品の場合は?

ギターの場合、中古だと新品の半額以下で買えることも多く、価格的な面で魅力があります。またギターは弾き込まれているほど音が「枯れる」と言われてますので、あえて中古のギターを買う人も多いくらいです。新品よりむしろ中古で買う人の方が多いのではないでしょうか?

ただ、通販でギターを買うのは「賭け」だと思います。はっきり言って初心者の方にはおすすめできません。理由はどんな不具合があるか届くまでわからないからです。

中古で買う場合は信頼できる楽器店で買うのが一番だと思いますね。楽器店のスタッフは専門家ですから、ネックの反り、弦のビビリ、フレットの減り、ペグのガタ、ブリッジの浮きなど、不具合となる要因はすべてチェックしています。その上で評価を付けていますから、まず間違いがありません。大きなキズがあるような場合はそこの拡大写真など載せていれば信頼して良いと思います。

一番良くないのは楽器専門のスタッフがいないリサイクルショップですね。専門知識がないため、不具合があっても見逃されている可能性が大です。通販だと非常にリスクがありますので、不明な点は事前によく質問した方がいいでしょう。初心者は手を出さないのが無難です。まあギターの価値がわからない分、稀に掘り出し物が出る可能性もなきにしもあらずですが・・

オークションになるとさらにハードルが高いですね。自分自身が相場をよく知っていないと高いものをつかまされる危険性もあり得ますから経験者向きと言えますね。通販以上に売り手を慎重に選ぶ必要があります。この場合も楽器店か専門のスタッフがいるリサイクルショップから買うのが一番安心できるでしょう。個人の場合は他人から頼まれて出品しているようなのは絶対ダメです。本人にギターの知識がないため、不具合があってもまずわかりません。質問して答えられないような人から買ってはいけません。逆にギターに詳しそうな人が買い換えのために手放すのは大いにありだと思います。すでに弦高調整されている場合も多く、大切に扱っているはずですからそんなに悪い物が来ることは少ないでしょう。マイナス点を隠さずきっちり公開していれば信用して良いと思います。

いずれにせよ、通販で中古ギターを買うのは「博打」ですから、当たったら儲けもの、ダメならもう一度売ればいいくらいの覚悟は必要でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-ギター, 楽器

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.