DTM/DAW ProTools

ProTools8はWindows7と相性が悪い件

更新日:

いまメインで使っているDAWはAVIDのProTools M-Powered 8なのですが、OSをWindows7にアップグレードしてからどうも調子が悪いです。まずプロジェクトファイルを読み込む際に、ファイルを選択してOKをクリックしてから、数十秒間何も表示されない状態が続いて、やっと読み込みが始まるのです。これだけでやる気が削がれます。また最終ミックスダウンを行って、ディスクにバウンスする際、残り時間を表すカウントダウンが止まったまま動かず、終了するまで一切のキー操作を受け付けなくなります。ESCキーでキャンセルもできません。これだけならまだ何とか我慢できないこともないのですが、致命的なのはオーディオ関連の編集(ピッチシフトなど)を行うと意味不明のエラーメッセージが出て止まってしまうことです。「試聴」をしなければ大丈夫なのですが、一度試聴しただけでエラーが発生し、その後は何度やってもエラーが出っぱなしになります。さすがにこれは使えません。XPのときは調子よく動いていたので、明らかにWindows7特有の問題です。

それで仕方なくPCをWindows7とXPのデュアルブートにして、ProToolsを使うときだけXPに切り替えています。はっきり言って面倒です。再起動だけならいいんですが、Windows7のユーザーアカウント制御のせいでXP側からアクセスできないフォルダがあったりして、実にうっとうしい。ProTools8の最終アップデートである8.0.5でWindows7に正式対応したはずなんですが、全然ダメじゃないですか。それともうちの環境だけの問題ですか?

ProTools9以降はWindows7専用になったので、さすがに動かないなんてことはないと思いますが、最新のProTools10へのクロスグレードは4万円以上もします。大して機能は変わらないし、現状で満足しているので、アップグレードするのは躊躇します。この際、他のDAWに乗り換えるか悩み中です。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-DTM/DAW, ProTools

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.