「 成田為三 」 一覧

no image

かなりや

「唄を忘れたかなりやは 後の山に棄てましょか~」で始まる童謡です。詞は西條八十(やそ)によって大正7年に作られ、翌大正8年に作曲されて『赤い鳥』に掲載されました。作曲者の成田為三は『浜辺の歌』などでも ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

浜辺の歌【無料楽譜】

「あした浜辺をさまよえば~」で始まる有名な日本歌曲です。林古渓が作詞し、成田為三の作曲によって大正5年に発表されました。海の国ならではの美しい抒情にあふれていると思います。

Copyright© Art Studio まほろば , 2017 AllRights Reserved Powered by micata2.