「日本の民謡・童謡」 一覧

no image

かなりや

「唄を忘れたかなりやは 後の山に棄てましょか~」で始まる童謡です。詞は西條八十(やそ)によって大正7年に作られ、翌大正8年に作曲されて『赤い鳥』に掲載されました。作曲者の成田為三は『浜辺の歌』などでも ...

no image

城ヶ島の雨

島村抱月主宰の劇団・芸術座から音楽会のための作品を依頼され、大正2年(1913年)に北原白秋が作詞したものです。初めから歌のために書いた詞であり、作曲者の梁田貞(やなだただし)にとっては初の白秋作品と ...

no image

夏は来ぬ

「卯の花の匂う垣根に~」で始まる明治時代の唱歌です。1896年に『新編教育唱歌集(第五集)』として発表されました。作詞者の佐佐木信綱は著名な歌人・国文学者であり、文語体の難解な歌詞ですが、日本の初夏の ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

てぃんさぐぬ花【無料楽譜】

沖縄本島地方に伝わる代表的な沖縄民謡です。「てぃんさぐぬ花」とはホウセンカのことで、古くからホウセンカの花の汁を爪先に塗って染めると魔除けの効果があると信じられてきました。 歌詞は全部で十番までありま ...

no image

ゴンドラの唄

「いのち短し 恋せよ乙女~」で始まる大正時代の歌曲です。劇団・芸術座により1915年に公演が行われた『その前夜』における劇中歌として作曲されました。 ゴンドラというと普通ロープウェイのようなものを連想 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

鯉のぼり【無料楽譜】

「甍(いらか)の波と雲の波~」で始まる唱歌です。1913年に文部省唱歌として発表されましたが、作曲者は「靴が鳴る」などの童謡で知られる弘田龍太郎であることがわかっています。空に泳ぐ鯉のぼりのように、男 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

春の小川【無料楽譜】

「春の小川は さらさら行くよ~」で始まるおなじみの唱歌です。1912年に発表された文部省唱歌で、当時は作者の名は伏せられていました。オリジナルの歌詞は「春の小川は さらさら流る」でしたが、後に口語体に ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

浜千鳥【無料楽譜】

「青い月夜の浜辺には 親を探して鳴く鳥が~」で始まる童謡です。大正8年に鹿島鳴秋によって作詞され、翌9年に弘田龍太郎によって作曲され、全国的に愛唱されるようになりました。詞は鳴秋が新潟県柏崎市の番神海 ...

no image

美しき天然

「空にさえずる鳥の声~」で始まる日本の唱歌で、初出は明治35年(1902年)発行の「唱歌教科書(巻三)」となっています。別名『天然の美』と題されることもあります。瀧廉太郎作曲『花』の作詞者として知られ ...

no image

花(滝廉太郎)

「春のうららの隅田川~」で始まる有名な歌曲です。昔は中学くらいで習ったと思うのですが、今でも教えているんでしょうか? 「荒城の月」と並ぶ瀧廉太郎の名作で、日本人なら知らない人はいないでしょう。 190 ...

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.