「日本の民謡・童謡」 一覧

no image

千の風になって

2003年頃、アメリカが発祥とされる作者不詳の詩が話題となり、それに新井満が訳詞を付けて作曲したものです。2006年の紅白歌合戦で秋川雅史が歌ったことから一躍有名になり、クラシックの歌手としては初めて ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

冬景色【無料楽譜】

「さ霧消ゆる湊江の 舟に白し朝の霜~」で始まる古い唱歌です。作詞・作曲ともに不詳で、文部省唱歌ということになっています。日本の冬の情景を描いた歌詞はまさに絵が浮かぶようです。

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

冬の夜【無料楽譜】

「ともしび近く 衣縫ふ母は~」で始まる明治時代の唱歌です。暖かみのある歌詞と伸びやかな旋律が冬の歌として親しまれています。作詞・作曲は今も不詳のままで、文部省唱歌ということになっています。2番の歌詞の ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

荒城の月【無料楽譜】

土井晩翠が作詞し、瀧廉太郎が作曲した「春高楼の 花の宴~」で始まる有名な唱歌で、日本歌曲の歴史に燦然と輝く不朽の名作です。瀧廉太郎が幼少期を過ごした大分県竹田市の岡城趾に着想を得たと言われています。世 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

砂山【無料楽譜】

「海は荒海 向こうは佐渡よ~」で始まる童謡です。北原白秋による作詞で、佐渡島を一望する新潟市の寄居浜の荒涼とした光景に着想を得たと言われています。同じ詞に中山晋平と山田耕筰が別々に曲を付けたものが現在 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

月の沙漠【楽譜】

「月の沙漠を はるばると~」で始まる有名な童謡です。大正から昭和初期にかけて挿絵画家として活躍した加藤まさをによる作詞で、作曲家の佐々木すぐるによって曲が付けられました。しばしば間違えられるのですが、 ...

no image

我は海の子

「我は海の子 白波の~」で始まる文部省唱歌です。歌詞は海辺の小さな家でたくましく育つ男の子の姿を描いたものです。1番の歌詞に出てくる「苫屋」とは「粗末な家」という意味です。現在歌われるのは通常3番まで ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

紅葉(もみじ)【無料楽譜】

「秋の夕日に 照る山紅葉~」で始まる文部省唱歌です。1911年に「尋常小学唱歌(二)」として発表されています。1小節遅れて追いかけることができるようになっており、小学生の頃、輪唱した思い出があるのでは ...

no image

宵待草

大正時代を代表する画家・詩人である竹久夢二による作詞で、「待てど暮らせど来ぬ人を~」で始まる切ないメロディーが印象的な曲です。叶わぬ恋を謳った夢二の詩に感銘を受けた多忠亮(おおのただすけ)によって作曲 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

早春賦

「春は名のみの 風の寒さや~」で始まる歌曲です。暦の上では立春を過ぎれば春ということになっていますが、春とは名ばかりでまだまだ寒い時期の季節感を歌っています。冬から春へ移ろう最も美しい季節、日本人なら ...

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.