世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

村の鍛冶屋 【メロディー譜+歌詞】

作曲:文部省唱歌

「しばしも休まず槌うつ響き~」で始まる文部省唱歌です。1912年(大正元年)に「尋常小学唱歌(四)」に掲載され、作詞・作曲ともに不詳となっています。歌詞の3番からわかるように、武器としての刀ではなく鍬や鎌などの農機具を作る野鍛冶が生き生きと働く様子を描いています。

歌詞は時代とともに改訂されており、昭和17年には平和を歌う3番以降の歌詞が時代にふさわしくないとして削除されています。また昭和22年には文語体が難しいとして口語体に改められ、語句も一部改変されています。

昭和30年代以降は農業の機械化とともに野鍛冶という職業が成り立たなくなり、働く様子を児童が想像することが難しくなったため、次第に音楽教科書から消え始め、昭和60年にはすべての教科書から消滅しました。今では鍛冶屋という職業自体が珍しくなってしまいましたが、職人の誇りを生き生きと描く労働歌として後世まで残してほしい名歌だと思います。

楽譜にはオリジナルの歌詞を4番まで付けています。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。