世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

主よ人の望みの喜びよ 【ピアノソロ譜】

原題:Jesus bleibet meine Freude

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

1723年に作曲された教会カンタータ『心と口と行いと生活で』(Herz und Mund und Tat und Leben)の中の第6曲と第10曲に登場するメロディーです。それぞれ同じ旋律が別の歌詞で歌われています。カンタータとは、一般にはオーケストラ伴奏付きの声楽曲を指し、独唱曲(アリア)、重唱曲、合唱曲等の複数の楽曲から構成されます。この曲は終始3連符で繰り返される旋律が特徴となっており、バッハの作品の中でもとりわけ有名なものです。

楽譜はできるだけ原曲に忠実にピアノ編曲されたものですが、初心者でも弾きやすいようにかなり簡略化してあります。右手はほぼ単音なので難しくありませんが、左手は複数声部が動くところが少々難しいかもしれません。特に16分音符が出てくるところは3連符とリズムを合わせるのが大変難しいので、ゆっくりと反復練習が必要です。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。