世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

仰げば尊し 【ピアノ伴奏譜】

作曲:文部省唱歌

「仰げば尊し 我が師の恩~」で始まる卒業式の定番ソングです。作曲者は不詳で「文部省唱歌」ということになっていますが、最近になってアメリカで出版された楽譜が原典になっていることが判明しました。日本の伝統曲だと思っていましたが、実は外国生まれの曲だったんですね。近年は歌詞が文語体で難解だとか、表現が時代にそぐわないなどの理不尽な理由によりあまり歌われなくなってきています。特に二番の歌詞に出てくる「身を立て名を上げ」という文句が封建的であるとして、二番を飛ばして本来の三番を二番として歌われることが多くなっています。

歌詞が文語体であることから、結構誤解されている部分も目立ちます。一番の歌詞で「おもえばいととし このとしつき」という箇所がありますが、「いととし」を「愛とし」と思っている人がかなり多いようです。恥ずかしながら自分もそうだったのですが(笑)、正しくは「いと疾し」なんですね。つまり「年月の経つのは何て早いんだろう」ということを言っているわけです。また「いまこそわかれめ」という部分は「別れ目」と解釈している人が多いですが、これは「今まさに別れようとしている」という意味の文語体です。こういうことをちゃんと教えない学校が悪いと思いますが、日本人としては一応知っておいた方がいいですね。

他にオリジナルアレンジによるピアノソロバージョンもあります。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。