世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

夜汽車 【ピアノ伴奏譜】

原題:Wenn ich ein Vöglein wär'

作曲:ドイツ民謡

「いつもいつも とおる夜汽車~」で始まる訳詞で知られている唱歌ですが、もとはドイツ民謡です。作者はよくわかっていませんが、一説によるとドイツの作曲家ヨハン・フリードリヒ・ライヒャルト(Johann Friedrich Reichardt, 1752 - 1814)の作曲と言われています。現在歌われている日本語詞は勝承夫によるもので、昭和22年(1947年)発行の文部省編纂『四年生の音楽』で発表されました。自分も小学生のころ習った記憶があります。今では少なくなってしまいましたが、夜汽車というのはなぜか郷愁を誘うものがありますね。原題は英語に訳すと"If I were a bird"となり、「もし僕が小鳥だったなら」というような意味です。原詩の内容は「もし僕が小鳥だったなら、君のもとへ飛んで行きたい」という感じの恋の歌です。したがって日本語詞とはまったく関係がなく、訳詞というよりは完全な創作です。

楽譜は二部合唱形式になっています。オリジナルのピアノ伴奏付きです。巻末にはドイツ語の原詩を付けてあります。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。