世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

帰れソレントへ 【ピアノ伴奏譜】

原題:Torna a Surriento

作曲:エルネスト・デ・クルティス

一般にはナポリ民謡(カンツォーネ)と言われていますが、1902年9月15日に時の首相ジュゼッペ・ザナルデッリがソレントを訪れた際、賓客をもてなすためにソレント市長がクルティス兄弟に作詞作曲を依頼したものです。歌詞の内容はソレントの美しい海と一人の男性の恋心を描いたものになっています。日本では六条夜葉による訳詞などが知られています。曲は短調で始まり短調で終わりますが、時々日が差すように長調に転ずるところが印象的です。後の1961年にエルヴィス・プレスリーが「サレンダー」というタイトルの英語で歌い、アメリカでも大ヒットとなりました。

楽譜には巻末にナポリ語の原詩を付けてあります。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 上げる 下げる (通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。

こんな曲もよくダウンロードされています!