世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

雪 【ピアノ伴奏譜】

作曲:文部省唱歌

「雪やこんこ あられやこんこ~」で始まる誰もが知っている文部省唱歌で、作詞・作曲ともに不詳となっています。1911年(明治44年)の『尋常小学唱歌(二)』が初出とされています。2007年には「日本の歌百選」にも選ばれ、冬の歌といえば真っ先にこの歌を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

「こんこ」という表現の由来は不明で諸説ありますが、「来む来む」(降れ降れ)から来ているとする説が有力です。しばしば「雪やこんこん」と間違えて歌われますが、約10年前に瀧廉太郎が作曲した「雪やこんこん」という幼稚園唱歌が実際に存在していました。それと同じになるのを避けるため、あえて「こんこ」にしたという説もあります。

また1番の歌詞「ずんずん積る」の後に2番の歌詞「犬も喜び~」を続けて歌われる例が多く見られますが、もちろん間違いです。おそらく「犬も喜び~」のイメージがあまりにも強いため、そうなってしまうのでしょう。恥ずかしながら自分もそう思っていました(笑)。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。