世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

小フーガ ト短調 【ピアノソロ譜】

原題:Fugue, BWV578

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

J.S.バッハのオルガン曲の中でも非常にポピュラーなもので、音楽教科書にも取り入れられています。成立年代は複数の説があり、1703-1707年頃とする説と1708-1717年以降とする説があります。楽曲の規模から「大フーガ」と呼ばれることもあるト短調の『幻想曲とフーガ BWV 542』と区別するため、「小フーガ」の愛称で呼ばれて親しまれています。

「フーガ」というのは「遁走曲」と訳されますが、対位法による音楽形式で、一つの主題を複数の声部が模倣しながら追いかけて演奏する様式を指します。また「カノン」もフーガに似た「追いかける」特徴を持っていますが、カノンは旋律を厳密に模倣するのに対し、フーガは主題以外の旋律を用いることも許されているため、フーガの方がより自由度の高い形式と言えます。緻密に構成された楽曲からは数学的な美しさが感じられます。

原曲はオルガンで演奏され、両手に加えてペダルも駆使する超絶技巧が要求されます。楽譜はピアノで弾けるように編曲されたものですが、ペダルがない分かえって難しいかもしれません。左手のオクターブ重ねなどは難しければ省略してしまっても良いでしょう。また指が届かないと思われる箇所は右手と左手を使い分ける必要があります。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

「楽譜を表示」ボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

プレビューが表示されるまで少々時間がかかることがあります。

このシステムについて

A4用紙に印刷可能なPDF楽譜と試聴用のMIDIデータがダウンロードできるサービスです。ピアノソロ譜やギタータブ譜など、移調することに適さない一部の楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。有料の楽曲につきましてはサンプルの表示のみとなります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。

こんな曲もよくダウンロードされています!