世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

弦楽四重奏曲第17番より『セレナーデ』 【ピアノソロ譜】

原題:"Serenade" - String Quartet No.17 in F major Op.3-5

作曲:フランツ・ヨーゼフ・ハイドン

「弦楽四重奏曲第17番 へ長調」の第2楽章「アンダンテ・カンタービレ」は『ハイドンのセレナーデ』として長年親しまれてきましたが、近年の研究によりハイドンの信奉者であったオーストリアの修道士ローマン・ホフシュテッターの作であることが明らかになっています。アマチュアの作曲家がハイドンの楽曲様式を模倣して作曲したものでしたが、楽譜出版社がハイドンの名前で売り出した方が売れると判断したことからこのような経緯になったようです。

しかしそのことは別として、楽曲はピチカートの伴奏に乗って流れる流麗な旋律が印象的な美しい曲です。おそらく誰しも耳にしたことのあるメロディーでしょう。

楽譜はピアノ独奏で演奏できるように編曲されたものです。弦楽四重奏の雰囲気を生かすために左手のスタッカートを効かせて演奏して下さい。

楽譜を表示するにはキーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調)を選んで下さい: (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 上げる 下げる (通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

そのままクリックすると原調で出力します。少々時間がかかることがあります。

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。

こんな曲もよくダウンロードされています!