世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

エチュード ホ長調 『別れの曲』 【ピアノソロ譜】

原題:Etude in E Major Op.10-3

作曲:フレデリック・ショパン

1829年~1832年に作曲された12の練習曲(作品10)の第3曲で、ショパンのエチュードの中では最も有名なものの一つです。日本では『別れの曲』の愛称で親しまれていますが、西欧ではTristesse(悲しみ)という愛称で呼ばれるようです。日本でこのように呼ばれるようになった経緯は、1934年に公開されたドイツ映画『別れの曲』の挿入曲として使われていたことによります。

曲の構成は3部形式で、第1部は非常に有名で甘美な旋律が内声の和音を伴ってゆったりと歌われます。第2部は一転して無機質で跳躍的な旋律が激しい起伏を見せ、ショパンの激情が感じられます。第3部は最初の主題を回想して穏やかに閉じます。

ショパンのエチュードは練習曲というよりは非常に芸術性の高いもので、この曲の主題も豊かな音楽性が感じられます。難易度が高いことでも知られますが、この曲の第1部に限ってはそれほど難易度は高くなく、中級レベルで十分弾けるものです。複数の声部が同時に動くことから難しそうに見えますが、左手が単音なのでそんなに難しくはありません。ただ中間部は跳躍的な旋律が多く、譜面の読みも難しいことから非常に手強いです。練習曲と呼ばれる所以でしょう。自分も中間部で挫折した覚えがあります(苦笑)。でも第1部だけなら簡単なので、有名な旋律だけでも弾いてみると良いでしょう。

楽譜を表示するにはキーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調)を選んで下さい: (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 上げる 下げる (通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

そのままクリックすると原調で出力します。少々時間がかかることがあります。

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。

こんな曲もよくダウンロードされています!