世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

小犬のワルツ 【ピアノソロ譜】

原題:Valse No.6 in D-flat Major Op.64-1

作曲:フレデリック・ショパン

ショパンが1846年から1848年にかけて作曲したワルツ・作品64の第1曲で、「小犬のワルツ」の愛称で親しまれています。文字通り可愛らしい感じのする曲で、ショパンの作品の中でも最も有名なものでしょう。ショパンの恋人であったジョルジュ・サンドが飼っていた子犬が自分の尻尾を追ってぐるぐる回る習性があり、その様子をピアノで即興的に描写したものと言われています。英語圏ではMinute Waltz(1分間ワルツ)と呼ばれることもありますが、これは「とても小さな」を意味する英単語"minute"が時間の「分」と同じ綴りであることから誤解を生んだもので、本来は「小さなワルツ」という意味です。

演奏はショパンの作品の中では平易な部類に入り、テンポがゆっくり目であればそれほど難しいところはありません。最初はゆっくりと正確に弾くことを心がけましょう。さすがに1分で弾くのは困難だと思いますが、曲が壊れない程度に速く弾けるように徐々に慣らしていけば良いと思います。比較的短めなので暗譜も容易であり、ショパン入門としては取り組みやすい曲です。なお冒頭のA♭音にトリルが付くのと付かないバージョンが存在します。

MIDIはトリルが再現されませんのでご了承下さい。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。