世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

早春賦 【ピアノソロ譜】

作曲:中田 章

作詞:吉丸 一昌

この楽曲の別バージョンピアノ伴奏譜
「春は名のみの 風の寒さや~」で始まる大正2年(1913)に発表された歌曲です。当時、東京音楽学校の教授だった吉丸一昌が作詞しています。暦の上では立春を過ぎれば春ということになっていますが、春とは名ばかりでまだまだ寒い時期の季節感を歌い上げています。冬から春へ移ろう最も美しい季節、日本人ならではの繊細な季節感と春を待ちわびる気持ちを歌った名歌だと思います。作曲者の中田章は「夏の思い出」や「ちいさい秋みつけた」などで知られる中田喜直の父親にあたります。

楽譜は初級者向けのピアノソロにアレンジしました。1番はシンプルなブロックコード、2番はアルペジオにして変化を付けています。1番は左手の跳躍が大きいので、難しい方はベースを1オクターブ上げると弾きやすくなります。2番のアルペジオは運指を工夫しないと難しいかもしれません。メロディーの和音が難しい方は上の音だけを弾いて下さい。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。