世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

ピアノ協奏曲第2番 第1楽章より 【ピアノソロ譜】

原題:1st Movement - Piano Concerto No.2

作曲:セルゲイ・ラフマニノフ

ラフマニノフが1900年秋から1901年4月にかけて作曲した2番目のピアノ協奏曲で、1901年11月9日に作曲者自身の演奏によって全曲が初演されています。第1楽章はロシア正教会の鐘の音を模したとされる重厚な和音で始まり、深い憂愁をたたえた第1主題が弦楽器によって提示されます。非常に息の長い旋律が特徴で、俗に「無限旋律」とも呼ばれます。ピアノ協奏曲でありながらピアノは脇役に徹していることも異例です。

フィギュアスケートの音楽としてもたびたび用いられ、クラシックをあまり知らない人にも人気があります。数あるピアノ協奏曲の中でも非常にポピュラーなもので、ラフマニノフの最高傑作と呼ばれています。

楽譜は序奏から第1主題を提示するまでの部分を抜粋してピアノ1台で弾けるように編曲しました。それほど難しいところはないので初級~中級レベルで十分弾けると思います。主旋律はピアノで弾くには音域が低すぎるため1オクターブ上げています。左手のアルペジオが低音域に固まっていますので、ペダルの使い方を工夫してできるだけ音が濁らないように演奏して下さい。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

試聴音源

この楽譜をそのまま自動演奏したものです。音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。