世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

コンドルは飛んで行く 【ピアノ伴奏譜】

原題:El Cóndor Pasa

作曲:ダニエル・アロミア=ロブレス

言わずと知れたフォルクローレの代名詞です。たぶんこの曲を知らない人はいないでしょう。とにかく日本人はこの曲が大好きです。

よくアンデス民謡と言われていますが、正しくはペルー人の作曲家ダニエル・アロミア=ロブレスによって1913年に作曲されたもので、アンデス地方に伝わる民謡を元にして作られたと言われています。曲は全部で3部構成になっており、第1部はヤラビ、第2部はフォックス・インカイコ、第3部はワイノというリズムで演奏されます。今日では第2部を飛ばして演奏されることもしばしばあります。サイモン&ガーファンクルが歌詞を付けてカバーしたことから特に有名になりましたが、彼らがカバーしたのは第1部のみです。

また演奏家によっても節回しが微妙に異なることが多く、特に第3部は同じものは2つとしてないと言えるほどバリエーションに富んでいます。楽譜では最もオーソドックスと思われる第2部を省略するスタイルを採用しています。イントロとエンディングも演奏家によってまちまちで、ほとんどアドリブのようなものです。ここに記譜したのは一例に過ぎませんから、いろいろな音源を参考にして研究して下さい。

おそらくケーナを始めた人が必ずやりたがる曲でしょう。これを吹きたいためにケーナを始める人も少なくないはずです。しかしこの曲は相当難しいのです。なぜ難しいのかと言えば、音域が高いことで、3オクターブ目のソまで使いますから、最初はなかなか音が出せません。また第3部はテンポも速く、素早い運指と息づかいが要求されます。どうしても音が出ない人は、Amに移調してアントニオ・パントーハのスタイルで演奏するのがよいと思います。その際、頭の「ミ」の音は省略して「ラララシドシドレミ~」と演奏します。

ピアノ伴奏付きですので、MIDIシーケンサーに読み込んでメロディーパートをミュートすれば独奏のカラオケとして利用できます。最後のトレモロ奏法はMIDIでは再現されませんのでご了承下さい。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。