世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

ポーリュシカ・ポーレ 【ピアノ伴奏譜】

原題:Полюшко, поле

作曲:レフ・クニッペル

作詞:橋本 淳

旧ソビエト連邦の作曲家レフ・クニッペルによって1934年に発表された『交響曲第4番―コムソモール戦士の詩』の一部であり、第1楽章の第2主題にヴィクトル・グーセフが歌詞を付け、軍歌として歌われるようになりました。「ポーレ」というのはロシア語で「草原」を意味し、赤軍騎馬隊の活躍を讃えるものです。文字通り草原を駆ける騎馬の行進がよく表現されていると思います。

日本では橋本淳の作詞によって1971年に仲雅美が歌ってヒットしました。原詩とはまったく関係がなく、恋する青年の憧憬をテーマとした恋愛歌になっています。高校の教科書にも採用されたことがあり、青春の歌として広く愛唱されました。自分は中学3年のときに合唱コンクールの課題曲としてこの曲を歌った記憶があります。

楽譜は2部合唱用でピアノ伴奏付きです。橋本淳作詞の日本語詞も付いています。まとめてお得なロシア歌曲3曲セット(カチューシャ/モスクワ郊外の夕べ/ポーリュシカ・ポーレ)もあります。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 上げる 下げる (通常は原調に近い方を選んで下さい)

ライセンスキー: (空欄の場合はサンプル表示)

この楽曲は著作権保護期間中のため、一般公開できません。楽譜のサンプルのみご覧になれます。
楽譜が必要な方はDLmarketからライセンスをご購入下さい。価格には著作権使用料が含まれております。
ライセンスキーを購入して入力することにより、PDFとMIDIを何度でもダウンロードすることができます。

価格:275 円(税込)
YouTubeで試聴

ライセンスのご購入はこちらから → DLmarketで購入 【重要】ご購入の前に必ずお読み下さい。

DLmarketからダウンロードした楽譜はサンプルですので移調はできません。移調したい方はこのページから改めてダウンロードして下さい。

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。

こんな曲もよくダウンロードされています!