世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

七つの子 【メロディー譜+歌詞】

作曲:本居 長世

作詞:野口 雨情

「からすなぜ鳴くの からすは山に~」で始まる童謡です。おそらく「赤とんぼ」などと並んで日本で最も愛されている童謡の一つでしょう。野口雨情が作詞、本居長世が作曲し、大正10年(1921年)に児童文学雑誌『金の船』7月号に掲載されました。どことなく郷愁を誘うメロディーと歌詞は時代を超えて歌い継がれていきます。

歌詞の「七つの子」はよく考えると不自然であって、カラスは一度に7羽も子を産まないとか、7歳のカラスはもはや老齢であるとか、古くから論争の種になっています。今でもはっきりした定説はなく謎とされていますが、おそらくカラスを「我が子」に重ねたのだろうと考えると自然に理解できます。当時は子供の死亡率も高く、7歳まで生きながらえた我が子がとても愛しかったのでしょう。

楽譜はベースラインを意識した凝ったアレンジにしてあります。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。