世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

アムール河の波 【メロディー譜+歌詞】

原題:Амурские волны

作曲:マクス・キュッス

作詞:C・ポポフ、K・ヴァシリエフ

東シベリア第2連隊の軍楽隊長であったマクス・キュッスによって1903年に作曲されました。アムール河はロシアの極東部、中国との国境付近を流れる大河で日本人にもなじみの深いところです。元は器楽曲として作られたものですが、キュッスの死後1944年にヴラディーミル・ルミヤンツェフによって楽譜が偶然発見され、合唱曲に編曲するとともにソリストのセラフィム・ポポフに作詞を命じて歌曲として完成しました。今日ではポポフの原詩にヴァシリエフが補作した詞が広く歌われています。

曲は3拍子のワルツで、「ドナウ河のさざなみ」と雰囲気が非常によく似ていると思います。この深い哀愁を帯びた旋律は一度聴いたら忘れられません。曲は全部で6番まであり、それぞれに別々のメロディーが割り当てられているのが特徴です。5番で長調に転じ、全体のクライマックスとなっています。

ロシアの歌曲は原語で聴かなければ良さがわからないものが多いのですが、「見よアムールに波白く シベリアの風立てば~」で始まる合唱団白樺による訳詞はそのままではないものの、原詩のエッセンスをうまく取り入れた名訳だと思います。

実はこの曲も今までまったく知りませんでした。合唱曲としてよく演奏されるそうなのですが、一度聴いて衝撃を受けました。隠れた超名曲です。巻末にはロシア語の原詩を付けました。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。