世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

長い道を(悲しき天使) 【メロディー譜+歌詞】

原題:Дорогой длинною

アーティスト:メリー・ホプキン

作曲:ボリス・フォミーン

作詞:コンスタンチン・ポドレフスキー

ジーン・ラスキンの作詞でメリー・ホプキンが歌った"Those were the days"というタイトルの英語版があまりにも有名なため、イギリスの曲と思われているようですが、元は20世紀初頭に作られたロシアの歌曲です。すでに著作権は消滅しています。自分も最近まで知りませんでした(笑)。

ロシア語の原題は「ダローガイ・ドリーンナユ」のように発音し、「長い道を」という意味で、昔別れた友人との思い出にひたる歌です。英語版の"Those were the days"も昔を懐かしむような意味がありますが、邦題の「悲しき天使」とはまったく脈略がありません。曲のタイトルは売れ行きを大きく左右するため、当時の日本では原曲とは無関係に売れそうなタイトルを付けることが流行っていたようです。

曲はジプシー音楽の要素が取り入れられており、やはり物悲しく切ない響きは一度聴いたら忘れられません。

楽譜にはロシア語の原詩を付けてあります。実際の演奏では後半部分を徐々にテンポアップするような演出が行われていますので、音源を聴いて研究して下さい。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

キーを変えたい方は下の設定を変更してから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キー(調): (最初に表示されているのが原調です)

移調の方向: 高い方 低い方 (オクターブ調整です。通常は原調に近い方を選んで下さい)

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。