雑記

楽譜の販売を再開しました

投稿日:2018年11月30日 更新日:

オンデマンド楽譜生成システムにおける楽譜データの販売を大手のダウンロード販売サイト「DLmarket」に委託して行ってきましたが、11月12日に発生したシステム障害によりメンテナンス状態に入り、未だ解決しないまま月末を迎えてしまいました。

現在DLmarketの販売サイトはおろか、ログインも何もできない状態で、サイトにアクセスすると以下のようなメッセージが表示されるだけです。

その前にも個人情報の流出があったようですが、具体的な説明が何もないまま長期にわたって閉鎖していることに不信感を覚えます。再開まで最短でも2~3ヶ月とは尋常ではないですね。しかもさらに延びる可能性もあるとか。システム屋の立場から推測してみますと、これは明らかにハードウェア的な故障ではなく、ソフトウェアに重大なセキュリティーホールが見つかったか、あるいは誰かが操作ミスでプログラムを破壊してしまったなどの事故ではないかと思っています。でないとそんなに時間がかかるはずがありません。

たぶん2~3ヶ月で復旧する可能性はないと思っていますし、下手すると半年かそれ以上、最悪の場合はサービス終了ということもあり得るでしょう。長期にわたって閉鎖していると販売者はもちろん、購買ユーザーも離れていってしまいます。現にあちこちでDLmarket難民が大量に発生しているようで、他のサービスへの流出も目立ちます。そしてせっかく築き上げたGoogleのインデックスも全部消滅してしまいますから、たとえ再開したとしても以前の状態に戻るには大変な時間がかかるでしょう。

DLmarketの無責任な対応には腹立たしい限りですが、一つのチャンネルに依存することのリスクは痛感させられました。このまま手をこまねいているわけにはいかないので、代替手段として「同人音楽の森」に乗り換えて楽譜販売を再開することにしました。このサービスは昔から知っていたのですが、DLmarketよりも前から楽譜配信を手がけている老舗のようです。

早速ユーザー登録を済ませて楽譜を十数個登録しました。ただ楽譜が大量にあるため全部を登録するにはまだ少し時間がかかります。それと版権の関係上、外国曲の大部分が公開できなくなります。またDLmarketに比べて販売手数料が高いため、やむを得ず値上げさせていただきました。大変心苦しいのですが、どうかご理解下さい。

一応、DLmarketが再開するまでの暫定措置のつもりですが、もしかするとそのまま終了になってしまう可能性も十分にあり得るため、どちらでも対応できるようにシステムを改修しました。

というわけでご不便をおかけしますが、今後ともよろしくお願いいたします。とにかくDLmarketに言いたいことは、「早く直せ!」。それだけです。

スポンサーリンク

関連記事

おすすめ記事

1

ボーカルキャンセラー2の概要 『ボーカルキャンセラー2』はCDなどの音源から取り出したWAVファイルを加工し、ボーカルを除去して(弱めて)簡易的なカラオケを作成するソフトです。前作の『ボーカルキャンセ ...

2

ケーナとは? ケーナ(Quena)とは南米ペルーを発祥とする民族楽器で、縦笛の一つです。もともとはチチカカ湖の畔に生える葦で作られたと言われていますが、現在では葦のほかに竹や木材などが使われています。 ...

3

任意のキーでダイアトニックコードを一覧表示する早見表です。トニック・ドミナント・サブドミナントの機能別に分類されています。

-雑記

Copyright© Art Studio まほろば , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.