J.S.バッハ 《G線上のアリア》【弦楽四重奏】

楽曲の解説

【原題】Air on the G String
【作曲】ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
【作詞】
【アーティスト】

J.S.バッハの管弦楽作品で正式名称は「管弦楽組曲第3番 BWV1068」といい、その第2楽章「アリア」にあたります。作曲年代は定かではありませんが、晩年のライプツィヒ時代の作と言われています。おそらく知らない人はいないくらい有名なメロディーですね。

この作品はバッハの生前にはほとんど評判にもならず埋もれていましたが、バッハの死後約100年経ってからヴァイオリニストのアウグスト・ヴィルヘルミによって発掘され、ピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏曲として編曲されました。原曲はニ長調でしたが、ヴァイオリン独奏用にハ長調に移調するとヴァイオリンの一番低いG弦だけで演奏可能になったことから「G線上のアリア」と呼ばれるようになったとされています。この曲を有名にしたのはヴィルヘルミの大きな功績といえるでしょう。

楽譜は原曲通りの弦楽四重奏バージョンです。

楽譜

【楽譜のタイプ】弦楽四重奏譜

PDF形式の楽譜を無料でダウンロードできます。
下のボタンをクリックすると別サイトに移動して楽譜のプレビューを表示します。

楽譜サンプル動画 (YouTube)

楽譜をそのまま自動演奏したサンプルを試聴できます。音楽的なニュアンスは再現されません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました