「ソフトウェアライブラリ」 一覧

no image

ボーカルキャンセラーの使い方

WAVファイルを準備してカラオケファイルを得るまでの標準的な流れについて説明します。 WAVファイルの準備 本アプリケーションで読み込めるファイルは拡張子が".wav"のWAV形式のみです。サンプリン ...

no image

開発履歴

バージョンと更新内容 2010/04/16 Version 1.00 初期バージョン公開。

no image

スペクトラムアナライザーの概要

スクリーンショット 『スペクトラムアナライザー』はWAVファイルを再生しながらリアルタイムでスペクトル(周波数分布)を表示するソフトです。現在のところ、外部入力には対応していません。 ありふれたソフト ...

no image

スペクトラムアナライザーの使い方

機能が少ないので特に説明するまでもないと思いますが、要点のみ簡単に説明しておきます。 WAVファイルの読み込み [ファイルを開く]ボタンをクリックしてWAVファイルを選択します。またファイルをウィンド ...

no image

開発履歴

バージョンと更新内容 2010/11/2 Version 1.01 FFTの精度を向上させた。 2010/10/21 Version 1.00 初期バージョン公開。

no image

弾き語りの友の概要

メインウィンドウ 『弾き語りの友』は歌本などでよく見かける歌詞とコードだけのシンプルな譜面(正確には何と言うのか知りませんが、ここでは「コード譜」と呼ぶことにします)を作成するツールです。簡単なマクロ ...

no image

弾き語りの友の使い方

まずはサンプルを試してみよう 長々と説明するよりサンプルを見てもらった方が早いと思います。弾き語りの友を起動し、[ファイル]→[開く]メニューをクリックして、アーカイブに同梱されている'sample. ...

no image

言語リファレンス

『弾き語りの友』ではマクロと呼ばれる簡易言語でコード譜を記述します。以下では言語の仕様を詳しく解説します。

no image

開発履歴

バージョンと更新内容 2014/01/15 Version 1.06 コードタイプにm7-5(11), m6(9), m6(11)を追加した。 メインウィンドウのサイズを可変にした。 Windows ...

ゆらぎアナライザーの概要

メインウィンドウのスクリーンショット ゆらぎアナライザーは音楽の持つゆらぎを周波数(音程)と振幅(音量)の両面から解析できるツールです。ゆらぎの程度を直線の傾きとして数値化しますので、どのくらい1/f ...

no image

ゆらぎアナライザーの使い方

ゆらぎアナライザーは専門的な知識がなくてもとりあえず解析を試すことができる「かんたんモード」と、条件を細かく指定して解析することができる「詳細モード」、およびいったん設定した条件で連続的に解析すること ...

no image

解析結果の評価

サンプリングしたデータをFFT解析した結果はスペクトルウィンドウに表示されます。ここではグラフの見方と評価方法について説明します。 グラフの見方 横軸は周波数の対数を表します。周波数といっても音の周波 ...

no image

サンプリング条件の設定

かんたんモードではあらかじめ決められた標準的な条件でサンプリングを行いますが、詳細モードではサンプリング条件を自由に設定することができます。条件の設定によっては解析結果が大きく異なることがありますので ...

no image

音楽以外のゆらぎを解析する方法

ゆらぎアナライザーはサンプリングしたデータを独自形式のテキストファイル(拡張子.smp)に保存して、再び読み込むことができます。この機能を利用すると、自分でデータファイルを作成して任意のデータのゆらぎ ...

no image

開発履歴

バージョンと更新内容 2014/3/14 Version 1.16 スペクトルの描画方法にヒストグラムを追加し、デフォルトとした。 「かんたんモード」における窓関数をハミング窓に変更した。 2014/ ...

Copyright© Art Studio まほろば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.