「日本の民謡・童謡」 一覧

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

月の沙漠【楽譜】

「月の沙漠を はるばると~」で始まる有名な童謡です。大正から昭和初期にかけて挿絵画家として活躍した加藤まさをによる作詞で、作曲家の佐々木すぐるによって曲が付けられました。しばしば間違えられるのですが、 ...

no image

我は海の子

「我は海の子 白波の~」で始まる文部省唱歌です。歌詞は海辺の小さな家でたくましく育つ男の子の姿を描いたものです。1番の歌詞に出てくる「苫屋」とは「粗末な家」という意味です。現在歌われるのは通常3番まで ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

紅葉(もみじ)【無料楽譜】

「秋の夕日に 照る山紅葉~」で始まる文部省唱歌です。1911年に「尋常小学唱歌(二)」として発表されています。1小節遅れて追いかけることができるようになっており、小学生の頃、輪唱した思い出があるのでは ...

no image

宵待草

大正時代を代表する画家・詩人である竹久夢二による作詞で、「待てど暮らせど来ぬ人を~」で始まる切ないメロディーが印象的な曲です。叶わぬ恋を謳った夢二の詩に感銘を受けた多忠亮(おおのただすけ)によって作曲 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

早春賦

「春は名のみの 風の寒さや~」で始まる歌曲です。暦の上では立春を過ぎれば春ということになっていますが、春とは名ばかりでまだまだ寒い時期の季節感を歌っています。冬から春へ移ろう最も美しい季節、日本人なら ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

仰げば尊し

「仰げば尊し 我が師の恩~」で始まる卒業式の定番ソングです。作曲者は不詳で「文部省唱歌」ということになっていますが、最近になってアメリカで出版された楽譜が原典になっていることが判明しました。実は外国生 ...

no image

琵琶湖周航の歌

「われは湖(うみ)の子 さすらいの~」で始まる唱歌です。元は旧制第三高等学校(現在の京都大学)漕艇部の寮歌として作られたもので、学生歌として愛唱されるようになりました。後に歌手の加藤登紀子が歌ったこと ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

えんどうの花【無料楽譜】

「えんどうの花の 咲く頃は~」で始まる沖縄八重山地方の代表的な童謡です。作曲者の宮良長包は石垣島の出身で、他に「安里屋ユンタ」などの作品を残し、沖縄音楽の父とも呼ばれています。本土の人はあまり馴染みが ...

no image

故郷(ふるさと)

「兎追いしかの山~」で始まる、日本人なら知らない人はいないであろう唱歌です。数々の名曲を残している高野辰之と岡野貞一のコンビによる作品です。大震災以後、ふるさとへの想いを込めて各地で歌われることが多く ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

朧月夜

「菜の花畑に 入日薄れ~」で始まるおなじみの唱歌です。作詞者の高野辰之の故郷である北信州の菜の花畑をモチーフにしたと言われています。春の情景が脳裏に浮かぶような美しい詞です。特に2番の歌詞は日本語の美 ...

自由に移調して楽譜PDFとMIDIがダウンロードできる

浜辺の歌【無料楽譜】

「あした浜辺をさまよえば~」で始まる有名な日本歌曲です。林古渓が作詞し、成田為三の作曲によって大正5年に発表されました。海の国ならではの美しい抒情にあふれていると思います。

Copyright© Art Studio まほろば , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.