世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

鎌倉 【メロディー譜+歌詞】

作曲:文部省唱歌

作詞:芳賀 矢一

明治43年の『尋常小学読本唱歌』に掲載された文部省唱歌です。当時、作者は伏せられていましたが、国文学者で国定教科書の編纂に携わった芳賀矢一の作詞であることがわかっています。

歌詞は全部で8番まである長いもので、鎌倉の名所旧跡を紹介する観光案内的なものになっています。これを歌うだけで歴史の勉強にもなるという優れたものです。メロディーは遠い昔を偲び、世の無常を憐れむような憂いに満ちています。

戦後この歌は教科書にも載らなかったようで自分もまったく聴いたことがありません。おそらく高齢の方だけが親しみを持って歌い継いでいるのでしょう。しかし一度聴いてなかなか味わい深い歌だと思いました。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜
  • 村の鍛冶屋【メロディー譜+歌詞】
    作曲:文部省唱歌
  • 村祭【ピアノ伴奏譜】
    作曲:文部省唱歌
  • 鯉のぼり【ピアノ伴奏譜】
    作曲:文部省唱歌
  • 汽車【ピアノ伴奏譜】
    作曲:文部省唱歌

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。