クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

主よ人の望みの喜びよ 【ピアノソロ譜】

原題:Jesus bleibet meine Freude, BWV147

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

J.S.バッハが1723年に作曲し、全10曲からなる教会カンタータ『心と口と行いと生活で』(Herz und Mund und Tat und Leben)の中の第10曲『イエスは変わらざるわが喜び』(Jesus bleibet meine Freude)で歌われるメロディーです。同じ旋律は第6曲でも別の歌詞で歌われます。終始3連符で繰り返される旋律が特徴となっています。バッハの作品の中でも特に有名なもので、しばしばポピュラー音楽にも取り入れられています。日本でよく知られている『主よ人の望みの喜びよ』という題名は英訳の"Jesus, Joy of Man's Desiring"に由来するものです。

カンタータとは、一般にはオーケストラ伴奏付きの声楽曲を指し、独唱曲(アリア)、重唱曲、合唱曲等の複数の楽曲から構成されます。

楽譜はできるだけ原曲に忠実にピアノ編曲されたものですが、初心者でも弾きやすいようにかなり簡略化してあります。右手はほぼ単音なので難しくありませんが、左手は複数声部が動くところが少々難しいかもしれません。特に16分音符が出てくるところは3連符とリズムを合わせるのが大変難しいので、ゆっくりと反復練習が必要です。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。