クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

パッヘルベルのカノン 【ピアノソロ譜】

原題:Kanon und Gigue in D-Dur für drei Violinen und Basso Continuo

作曲:ヨハン・パッヘルベル

バロック時代中期の1680年頃、ドイツの作曲家ヨハン・パッヘルベルによって作曲されたカノン様式の作品です。非常に有名な曲なので誰もが耳にしたことがあるでしょう。正式な題名は『3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調』なのですが、パッヘルベルの作品としては一般に知られている唯一の作品なので『パッヘルベルのカノン』の通称で親しまれています。原曲はカノンとジーグという一組になっていますが、有名なのはカノンの方で、ジーグが演奏される機会はそれほどありません。

この曲が作曲された経緯については全くわかっていません。これほど有名な曲でありながら、意外にも再発見されたのは20世紀後半になってからのことです。1968年にジャン=フランソワ・パイヤールの室内管弦楽団が録音したことにより一躍世に知られるようになりました。その後、多くのアーティストによってポピュラー音楽としてもカバーされています。

曲は典型的な循環コードで成り立っており、8小節からなるD - A - Bm - F#m - G - D - Em/G - Aというコード進行が終始繰り返されます。洗練された幾何学的な美しさにあふれており、和声進行の基礎を学ぶにも大変役に立つ名曲です。このコード進行は「大逆循環」と呼ばれ、山下達郎の『クリスマス・イブ』などポピュラー音楽にも多く取り入れられており、まさに黄金のコード進行と呼ぶにふさわしいものです。

原曲はヴァイオリン3本とチェロで演奏されますが、楽譜はピアノ独奏用に編曲されたものです。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。