クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

牧場の朝 【メロディー譜+歌詞】

作曲:船橋 栄吉

作詞:文部省唱歌

「ただ一面に立ちこめた~」で始まる文部省唱歌です。作詞は杉村楚人冠によるとする説が有力で、福島県岩瀬郡鏡石町にある岩瀬牧場がモデルになったとされています。作曲はバリトン歌手の船橋栄吉によるものです。昭和7年12月の「新訂尋常小学唱歌(四)」に初めて掲載されています。

学校で習った憶えはなかったのでタイトルを見てもピンと来ませんでしたが、最初のフレーズを聴いて「ああこの歌か」とわかりました。最後の「鐘が鳴る鳴る かんかんと」というフレーズが印象的です。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜