世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

行進曲『威風堂々』第1番 【ピアノソロ譜】

原題:Pomp and Circumstance March No.1

作曲:エドワード・エルガー

イギリスの作曲家エルガーが1901年から1907年にかけて作曲した管弦楽のための行進曲集です。全部で第1番から第5番まで5曲(第6番は未完でアンソニー・ペインによる補作)ありますが、日本では単に「威風堂々」と言えば第1番あるいはその中間部のメロディーを指すことが多いようです。邦題は直訳ではありませんが、その名の通り勝利と栄光をイメージさせる輝かしい旋律が印象的です。

本国のイギリスでは、この行進曲集を聴いた王太子アルバート・エドワード(後の国王エドワード7世)が第1番中間部のメロディーをいたく気に入り、「君はいずれ世界中に知れ渡るメロディーを作曲したね」と誉め称えました。そしてこの旋律に歌詞を付けることを提案されます。それを受けてエルガーは1902年のエドワード7世の戴冠式のために作曲した『戴冠式頌歌』の第6番の終曲「希望と栄光の国」にこの中間部の旋律を用いました。この終曲は後に『希望と栄光の国』(Land of Hope and Glory)として編曲され歌詞を付けて独立した歌曲になり、愛国歌あるいは第二の国歌として広く愛唱されるようになりました。

楽譜は中間部のみを取り出して比較的簡単なピアノソロにアレンジしました。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。