世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

ピアノソナタ第14番『月光』 第1楽章 【ピアノソロ譜】

作曲:ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン

1801年、ベートーヴェンが30歳のときに作曲されたピアノ作品です。ベートーヴェンは曲に表題を付けることを好まなかったため、もともとは『幻想曲風ソナタ』という題名だけが付けられていました。幻想曲とは形式にとらわれない自由な書法による楽曲という意味で、伝統的な古典派ソナタから脱却してロマン派への接近が見られます。ベートーヴェンの死後5年経って、ドイツの音楽評論家で詩人であるルートヴィヒ・レルシュタープがこの第1楽章の印象を「スイスのルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」と表現したことから『月光ソナタ』の愛称が世界中に広まりました。

最も有名な第1楽章は嬰ハ短調で、終始繰り返される三連符のアルペジオに乗ってゆったりとした旋律が流れ、まるで湖のさざ波に揺らぐ月光のように聞こえます。多くの人はタイトルから月光を連想するようですが、ベートーヴェン自身は月のことは全くイメージしていなかったようです。

楽譜は原曲のままですが、第1楽章はそれほど難易度が高くないため、中級レベルで十分挑戦できます。右手でアルペジオと旋律を同時に弾きますので、高音部の旋律をきれいに浮かび上がらせるように弾くことが演奏のポイントです。その際、三連符と付点8分音符のリズムの違いに注意して下さい。中間部の上下行するフレーズは臨時記号がたくさん出てきますが、減七の和音(ディミニッシュコード)であることに気付けば暗譜は容易になります。楽譜ではペダル記号を省略していますが、基本的には和音の変わり目でペダルを踏み替えるようにして下さい。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。