クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

ピアノ協奏曲第2番 第1楽章より 【ピアノ簡易版】

原題:1st Movement - Piano Concerto No.2

作曲:セルゲイ・ラフマニノフ

ラフマニノフが1900年秋から1901年4月にかけて作曲した2番目のピアノ協奏曲で、1901年11月9日に作曲者自身の演奏によって全曲が初演されています。第1楽章はロシア正教会の鐘の音を模したとされる重厚な和音で始まり、深い憂愁をたたえた第1主題が弦楽器によって提示されます。非常に息の長い旋律が特徴で、俗に「無限旋律」とも呼ばれます。ピアノ協奏曲でありながらピアノは脇役に徹していることも異例です。

フィギュアスケートの音楽としてもたびたび用いられ、クラシックをあまり知らない人にも人気があります。数あるピアノ協奏曲の中でも非常にポピュラーなもので、ラフマニノフの最高傑作と呼ばれています。

楽譜は序奏から第1主題を提示するまでの部分を抜粋してピアノ1台で弾けるように編曲しました。それほど難しいところはないので初級~中級レベルで十分弾けると思います。主旋律はピアノで弾くには音域が低すぎるため1オクターブ上げています。左手のアルペジオが低音域に固まっていますので、ペダルの使い方を工夫してできるだけ音が濁らないように演奏して下さい。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。