クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

G線上のアリア 【ピアノソロ譜】

原題:Air on the G String

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

この楽曲の別バージョン弦楽四重奏譜
J.S.バッハの管弦楽作品で正式名称は「管弦楽組曲第3番 BWV1068」といい、その第2楽章「アリア」にあたります。作曲年代は定かではありませんが、晩年のライプツィヒ時代の作と言われています。おそらく知らない人はいないくらい有名なメロディーですね。

この作品はバッハの生前にはほとんど評判にもならず埋もれていましたが、バッハの死後約100年経ってからヴァイオリニストのアウグスト・ヴィルヘルミによって発掘され、ピアノ伴奏付きのヴァイオリン独奏曲として編曲されました。原曲はニ長調でしたが、ヴァイオリン独奏用にハ長調に移調するとヴァイオリンの一番低いG弦だけで演奏可能になったことから「G線上のアリア」と呼ばれるようになったとされています。この曲を有名にしたのはヴィルヘルミの大きな功績といえるでしょう。

楽譜はピアノ1台で演奏できるように編曲しました。左手はチェロのパート、右手の上声部は第1ヴァイオリンのパートをそのまま弾いています。そして右手の下声部は第2ヴァイオリンとヴィオラのパートを適宜埋め込んでいます。譜面はやや複雑ですが、細かい音の動きは省略してありますので、中級レベルで十分弾けると思います。難しいと思う方は、とりあえず右手の上声部と左手だけで弾いてみて下さい。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。