世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

赤い靴 【ピアノ伴奏譜】

作曲:本居 長世

作詞:野口 雨情

1922年(大正11年)に「小学女生」で発表された「赤い靴はいてた 女の子~」で始まる童謡です。野口雨情の作品の中でも大変有名なもので、どこかミステリアスな感じのする歌詞と陰鬱なメロディーは童謡には似つかわしくないものです。

異人さんに連れられてどこかへ行ってしまうという怖い話ですが、この歌詞は野口雨情と親交のあった「岩崎かよ」という女性から伝え聞いた実話がモデルになったと言われています。「かよ」はいわゆる未婚の母で「きみ」という女の子をもうけ、「きみ」が3歳のとき故郷の静岡市から北海道へ入植しました。しかし開拓生活の厳しさから「きみ」に十分なことをしてやれず、思い悩んだ結果、「きみ」を養女としてアメリカ人宣教師のヒューエット夫妻に託すことになります。「かよ」は「きみ」と別れた後、ヒューエット夫妻と一緒にアメリカに渡ったものと思い込んでいましたが、実際には結核を患って連れて行くことができず、東京・麻布の孤児院に残されたまま9歳でこの世を去ってしまいます。そのことを「かよ」は一生知ることがありませんでした。「赤い靴」にはそんなわが子が異国の地で幸せに暮らしていてくれることを願った母の切実な思いが込められているのでしょう。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。