世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

アマリリス 【ピアノ伴奏譜】

原題:Amaryllis

作曲:フランス民謡

作詞:岩佐 東一郎

17世紀頃のフランスで生まれた楽曲で、一般的にはフランス民謡とされています。由来は長い間フランス国王ルイ13世の作とされてきましたが、王室に出入りしていた貴族で音楽家のヘンリ-・ギースの作とも言われており、最近ではこちらの説が有力になっています。

タイトルの「アマリリス」とは、南アメリカ原産の多年草で夏場にユリに似た六弁の大きな花を咲かせます。原曲の歌詞の中では思いを寄せている女性をアマリリスの花にたとえて褒め称えています。日本では岩佐東一郎の作詞により1968年2月にNHK「みんなのうた」で紹介され、文部省唱歌として「四年生の音楽」にも掲載されています。歌詞は知らなくてもメロディーを聴けば「ああ、この歌か」とピンと来ることでしょう。しかし日本語詞は原曲とは全く無関係なもので、恋の歌からずいぶん子供っぽい童謡になりました。歌詞はやや不可解なところがありますが、おそらく「フランス土産に買ってきたオルゴールが『アマリリス』の調べを奏でている」ということなのでしょう。

日本語詞の著作権は切れていないので掲載しません。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。