世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

宵待草 【ピアノソロ譜】

作曲:多 忠亮

作詞:竹久 夢二

この楽曲の別バージョンメロディー譜+歌詞
大正時代を代表する画家・詩人である竹久夢二による作詞で、「待てど暮らせど来ぬ人を~」で始まる切ないメロディーが印象的な曲です。夢二27歳の夏に避暑旅行で訪れた房総で「長谷川カタ」という女性に出逢い一目惚れしてしまいますが、すでに妻子ある身だった夢二は結ばれることも叶いませんでした。諦めきれない夢二が翌年訪れた時にはすでにカタは嫁いでしまっていたことを知ります。夢二はその時のエピソードを1912年(明治45年)の雑誌「少女」に次の原詩で発表しています。

遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る
待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき
想ふまいとは思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬさうな

翌1913年に現在の3行詩の形で絵入り小唄集「どんたく」に掲載され、1917年(大正6年)にその詩に感銘を受けたヴァイオリン奏者の多忠亮(おおのただすけ)によって曲が付けられて完成しました。決して来ることのない恋人を待ち続ける気持ちを「宵待草」にたとえた大変叙情豊かな作品で、大正ロマンあふれる名曲だと言えるでしょう。

楽譜は初級者向けの簡単なピアノソロにアレンジしました。10小節目からの半音下降するベースラインがちょっとかっこいいかもしれません(笑)。18~20小節目の最後のフレーズは十分テンポを落として情感を込めて弾いて下さい。ペダル記号は省略していますが、左手のベース音をキープするようにペダルを使って下さい。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。