クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

『5つの小品(樹の組曲)』より『樅の木』 【ピアノソロ譜】

原題:The Spruce, Op.75-5

作曲:ジャン・シベリウス

フィンランドの作曲家シベリウスが1914年に作曲したピアノのための小品集『5つの小品』に含まれる第5曲です。すべてに樹木の名前が付けられており、フィンランド音楽の第一人者である舘野泉氏によって『樹の組曲』と名付けられています。

中でも第5曲の「樅の木」はロ短調の重く暗い響きの中に北欧的な抒情があふれる大変美しい曲で、フランス印象派の影響を受けた色彩感豊かな和声が特徴です。この曲だけを単独で演奏されることもしばしばあります。一年中緑の葉が枯れない樅の木はフィンランドでは「永遠の生命」の象徴とされ、心のよりどころとなっています。この曲はまるで厳しい冬の寒さに耐えながら大地に根を張って生きようとする樅の木の力強さを表しているようです。

音数が少なめで比較的平易な曲ですが、その分、間の取り方が難しくなっています。また中間部の細かい音符のアルペジオは一見難しそうに見えますが、すべて指替えなしで弾ける範囲なのでそれほど難しくはありません。この部分は小節線がないので、拍子は無視してルバート気味に弾いて下さい。実際にはテンポの動きがかなりあるので、YouTubeなどを参考にして表現を研究して下さい。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。