クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作) 【ピアノソロ譜】

原題:Lento con gran espressione

作曲:フレデリック・ショパン

ショパンが1830年に作曲し、姉のルドヴィカに贈られた作品です。ショパンの死後、1875年に出版された遺作の一つです。現在はノクターンの名称で呼ばれていますが、ショパン自身はノクターンと命名しなかったと推定されており、速度標語の"Lento con gran espressione"がそのままタイトルとして用いられることも一般的です。

曲は大きく分けて3部形式になっており、深い憂愁をたたえた大きな旋律が印象的です。中間部は舞曲風の旋律が登場します。ショパンのノクターンの中では最も平易な部類に入るため、非常によく演奏される曲です。映画「戦場のピアニスト」で使われたことから有名になりました。また日本では平原綾香が「ノクターン」で歌詞を付けて歌ったことから一気にポピュラーになりましたね。

全体の難易度自体は低い方に入るのですが、最大の難関はコーダに現れる細かい連符の弾き方でしょう。ここはもともと割り切れないので厳密に当てはめる必要はなく、大ざっぱに左手の8分音符の中にいくつ入れるかをあらかじめ決めて弾けばOKです。音型自体は単純なスケールの上下行なので難しくありません。指番号を参考にしてスムーズに弾けるように練習して下さい。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。

YouTubeで演奏を試聴

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

A4用紙に印刷可能なPDF楽譜と試聴用のMIDIデータがダウンロードできるサービスです。ピアノソロ譜やギタータブ譜など、移調することに適さない一部の楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。有料の楽曲につきましてはサンプルの表示のみとなります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。