世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

夜の海辺にて 【ピアノソロ譜】

原題:Nacht am Seestrand, Op.34-1

作曲:ヘイノ・カスキ

ヘイノ・カスキは1885年フィンランドに生まれ、シベリウスと同時代を生きた作曲家です。1歳までに母を亡くし、経済的に恵まれなかったカスキは教会オルガニストであった父の影響で音楽の道を志し、作曲家としての才能を開花させていきます。学生時代にはシベリウスの協力を得てベルリンへの音楽留学も果たします。しかし第一次世界大戦の勃発により中途で帰国、その後はセリム・パルムグレンに師事してピアノの勉強を続けます。無名の作曲家であった彼は作曲だけでは食べていくことができず、ヘルシンキ音楽院でピアノ教師をしたり、小学校で歌を教えながら生計を立てていました。そして1957年、奇しくもシベリウスが亡くなったのと同じ日にひっそりと72歳の生涯を閉じます。

生前はシベリウスの陰に隠れて本国でもほとんど顧みられなかった作曲家ですが、100曲以上にわたる叙情的で大変美しいピアノ曲を残しています。近年再評価の動きが高まり、演奏会でたびたび取り上げられるようになりました。中でも「夜の海辺にて」はフィンランドでは知らない人はいないと言われるほど人気のある作品で、彼の代表作になっています。うねるような大きなアルペジオに乗って流れる旋律は夜の海の吸い込まれるような静けさを表しているようです。また中間部に現れる高音域のきらめきはさざ波に揺れる月の光を連想させます。ショパンや印象派とも異なる独特の響きを味わってみて下さい。

楽譜は原曲のままですが、技巧的に難しいところはないので初級レベルで十分弾けるでしょう。8分の12拍子は実質的に4拍子の3連符と考えるとわかりやすくなります。左手のアルペジオは3音を一組にして指替えを行うと弾きやすくなります。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。

YouTubeで演奏を試聴

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。