世界の民謡・童謡・クラシック・ポップスなどのPDF楽譜とMIDIを自由に移調してダウンロードできます。

ノクターン第21番ハ短調(遺作) 【ピアノソロ譜】

原題:Nocturne c-moll KK.IVb/8 CT128

作曲:フレデリック・ショパン

ショパンの死後89年経った1938年にワルシャワのポーランド音楽出版協会から出版された遺作の一つです。通し番号を付けて「ノクターン第21番」と呼ばれることもありますが、もちろん実際の作曲年代とは対応していません。当初はごく初期の作品とみなされていましたが、後のショパン研究者により最晩年の1847年から1848年に作曲されたとする説が有力視されています。その頃には病状も相当悪化しており、創作意欲の衰えから陰鬱で感傷的な雰囲気が感じられます。他のノクターンとは違って規模が小さく、冒頭の主題が再現部で反復されないなど特異な点があり、楽譜にも発想記号や強弱記号が詳しく書き込まれていないことから未完成なスケッチであったと考えられています。

ショパンのノクターンの中では第2番、第20番と並んで演奏が平易であること、小規模でシンプルながら聴き映えがすることからショパン入門としておすすめの曲です。左手は単純なアルペジオで技巧的に難しいところはありませんが、右手の旋律に時々現れる不規則な連符は数学的に厳密に分割するという意味ではなく、左手の8分音符の中に何個入るかをおおよそ決めて弾くと弾きやすくなります。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。