クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

『5つの小品(樹の組曲)』より『ピヒラヤの花咲く時 』 【ピアノソロ譜】

原題:When the Roan-tree flowers; Op.75-1

作曲:ジャン・シベリウス

フィンランドの作曲家シベリウスが1914年に作曲したピアノのための小品集『5つの小品』に含まれる第1曲です。すべてに樹木の名前が付けられており、フィンランド音楽の第一人者である舘野泉氏によって『樹の組曲』と名付けられています。

タイトルに表れる「ピヒラヤ」とはナナカマドの一種で、初夏の6月頃に愛らしい白い花を咲かせます。フィンランドでは古くから「神の木」と呼ばれており、この花は長く厳しい冬が終わり、短い夏が到来したことを告げる喜びの象徴でもあります。

曲は2分足らずの小品ですが、前半と後半で雰囲気が大きく変わります。前半は目まぐるしく変拍子が行われ、フランス印象派的な色彩感あふれる和声を特徴としています。一方後半は4分の4拍子に落ち着き、シンコペーションのリズムに乗って叙情豊かな旋律が歌われます。コーダはト短調からト長調に転調して終わるところも感動的です。

前半部分は変拍子や臨時記号が多く複雑そうな印象を与えますが、難易度としてはそれほど高くありません。難しいと感じる方はメロディアスな18小節目以降の後半部分を先に練習しても良いでしょう。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。