クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

憾(うらみ) 【ピアノソロ譜】

作曲:瀧 廉太郎

瀧廉太郎は23歳の短い生涯の間に優れた歌曲を残しましたが、わずか2曲だけピアノ曲も書いています。そこには文明開化の中で西洋の器楽曲を広めようという強い意志がありました。1903年、廉太郎が亡くなる数ヶ月前に書かれたピアノ曲がこの「憾」で最後の作品となりました。憾とは他者への憎しみのことではなく、未練や無念といった意味が込められています。

当時は文部省の役人が教育向けの曲を書いていましたが、廉太郎の才能に嫉妬した文部省は国外へ追放しようと強制的にドイツに留学させました。そこで当時は死の病であった結核を患い、帰国後次第に病状は悪化して23歳の若さでこの世を去ってしまいます。この曲には文字通り自分の運命への絶望感やこの世への未練のようなものが込められています。

曲は重々しい低音が終始鳴り響き、強い不安感を与えるとされる減七の和音(ディミニッシュコード)が多用されています。コーダの低音連打は悲鳴のようにも聞こえ、聴く者に恐怖感すら抱かせます。死を前にした廉太郎の魂の叫びが曲から感じ取れます。

楽譜は読みやすいように若干変更を加えています。独自にコードネームも付けました。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。

YouTubeで演奏を試聴

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。