クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。
楽譜浄書サービスはじめました!

船頭小唄 【ピアノ伴奏譜】

作曲:中山 晋平

作詞:野口 雨情

「おれは河原の枯れすすき~」で始まる大正時代の歌謡曲です。意外と知られていませんが、数々の童謡を生み出した野口雨情・中山晋平コンビによる作品です。大正11年(1922)1月30日に野口が民謡「枯れすすき」として作詞し、同年に中山が作曲しました。大正12年(1923)には女優・中山歌子によって初めて録音され、当時庶民の間に普及し始めた蓄音機の登場によって大流行しました。同年には関東大震災が発生しています。昭和32年(1957)には東京映画配給の映画『雨情物語』の主題歌として森繁久彌が歌唱し、戦後まで様々な歌手によって歌い継がれる流行歌となりました。哀愁あふれるメロディーと「枯れすすき」に人生の悲哀を重ねて共感を呼んだのでしょう。タイトルは知らなくてもある年齢以上の人はこのメロディーを知っていると思います。

楽譜はピアノ伴奏付きで、巻末に歌詞も付いています。MIDIはダルセーニョが再現されませんのでご了承下さい。

楽譜を表示するには、キーを選んでから「楽譜を表示」ボタンをクリックして下さい。

キーを選ぶ: (最初に表示されているのが原調です)

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。

YouTubeで演奏を試聴

その他おすすめの楽譜

このシステムについて

キーを指定することにより、12通りのキーに移調して楽譜を出力することができます。どんな楽器にでも対応できる楽譜が容易に手に入ります。楽譜はA4用紙に印刷可能なPDFとなっています。ダウンロードできるMIDIデータは楽譜のコードを元に自動生成したもので、音楽性を追求したものではありません。試聴用としてお使い下さい。システムの制約上、リピートは正確に再現されない場合があります。

楽譜は無料のものと有料のものがあります。著作権が現存しない伝統曲やクラシックは主に無料ですが、著作権保護期間中のポピュラー曲などは有料となります。有名な童謡でも著作権が残っているものは有料となります。楽譜の作成とシステムの開発には多大な労力がかかっておりますのでご理解下さい。