クラシックからポピュラーまで名曲のPDF楽譜を自由に移調してダウンロードできます。

前奏曲嬰ハ短調『鐘』 【ピアノソロ譜】

原題:Prelude in C# minor Op.3-2

作曲:セルゲイ・ラフマニノフ

ラフマニノフが1892年に作曲した最も有名なピアノ曲の一つです。全部で5曲からなる「幻想的小品集」の中の第2曲ですが、単独で演奏されることも多く、俗に「鐘」の副題が付けられています。

曲は典型的な3部形式で、主部と再現部では音数の多い重厚な和音が終始鳴り響きます。一説によるとモスクワのクレムリン宮殿の鐘の音を模したとも言われています。中間部は半音階的な旋律と3連符が刻むリズムによって情熱的に歌い上げられます。

音数が非常に多く、難しそうに見えますが、実は意外と弾きやすく中級の上くらいのレベルだと思います。ただオクターブが連続するため手の小さい人には厳しいかもしれません。再現部は4段譜で書かれていて、一見すると演奏不可能のように思えますが、ペダルを使って交互に弾いていけば弾けるようになっています。ただし51小節目、53小節目の頭は絶対に指が届きませんので時間差を付けて弾く必要があります。

この楽譜は固定キーとなっておりますので移調はできません。

←左のボタンをクリックすると楽譜のプレビューを表示します。

この楽譜は無料で配布しています。

YouTubeで演奏を試聴
楽譜の内容をYouTubeで試聴できます。動画は楽譜をそのまま自動演奏したもので、音楽的なニュアンスは再現されません。内容確認のためお使い下さい。